2012年08月01日

『しょいこ』って知ってる?

実は私、近所のアンティークショップで、週に数回働いています。
お店は明治〜昭和初期の家具や古民具等を扱っています。


今日は古民具の紹介。
これは背負子(しょいこ)と言う物です。
紐がゆるんでしまったので、これから巻き直します。

0801-01.jpg





こちらが完成形。

0801-02.jpg





これに薪や荷物を結びつけて、背負って運ぶ道具なんですって。

これ自体には肩に掛けるベルト等は無くて、荷物を縛る紐で、自分の体も一緒に縛って使ったとか。
両方に肩掛けベルトが付いている背負子もあるらしいです。

昔学校の裏には、必ず二ノ宮金次郎さんの銅像がありましたが、彼は多分、この背負子を使って薪を背負っていたのでしょう。

学校に行く機会があったら、裏庭の金次郎さんを、改めて見てみようっと。









posted by みさみさ at 20:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

アナカリスの花

最近記事がめだか関連ばっかり あせあせ(飛び散る汗)


今朝めだかちゃんに餌をあげにいったら、睡蓮鉢に小さな花が かわいい

0731.jpg




ホテイ草も以外でしたが、アナカリスも咲くんだ ぴかぴか(新しい)
花弁がしわしわに見えるけれど、これってもう少ししたらピンと伸びるのでしょうか。


現在の睡蓮鉢、楊貴妃めだかのボスだったオスのめだか一匹になってしまいました。
環境が変わるとめだかに負担をかけると思うので、水槽の子めだかを移すのは、もう少し涼しくなってからと思ってます。







posted by みさみさ at 13:10| Comment(0) | めだか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

思いがけず花が咲きました。

昨日、子めだかの様子をUpしましたが、今朝起きたら、睡蓮鉢のホテイ草に花が咲いていました 目

ホテイ草は草だけで、花は咲かないのだろうと勝手に思っていたので、物凄くびっくりしましたが、
それ以上に感動 ぴかぴか(新しい)

1ヶ月位前から、睡蓮の季節ではあるのですが、ホームセンターや植木屋さんの苗木がイマイチで、
今年は睡蓮は諦めようかなぁと思っていた所だったので。

やっぱり花があると、睡蓮鉢がぐっと際立ちます。


紫色の可憐な花です。

0705_01.jpg





ホテイ草のみアップで。

0705_02.jpg





花は1日しか咲かないんですって。
今の所、花芽はこれ1つだけみたいですが、開花時期は10月位まであるみたい。

また咲いてね かわいい









posted by みさみさ at 21:05| Comment(0) | めだか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

こんなに大きくなりました。

前回、生まれたばかりの稚魚をご紹介しましたが、今はこの位大きくなってます。


0704-01.jpg


あれから次々生まれて、卵も毎日のように取れるようになったので、稚魚用の水槽を用意。
卵のうちに睡蓮鉢から避難させたつもりが、気がついたら睡蓮鉢で8匹も生まれていました。

稚魚なのに、身を守る知恵があるのね。
親達があまり近付かない、アナカリスの茂みと、睡蓮鉢の縁の浅瀬でチロチロと泳いでいました。
この分なら、親に食べられる事は無いかな?と思って、少し様子をみていたのですが、行動範囲が狭いせいなのか、一向に大きくならないので、結局水槽へ。

そんなこんなで、現在、推定25匹の稚魚がいます。

大きくなってきたらどうするか、そろそろ本気で考えなくっちゃ。









posted by みさみさ at 13:31| Comment(2) | めだか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

めだかを飼っています。

5月の連休頃、ひょんな事から、めだかを飼う事になりました。
初心者なので、まだまだ悪戦苦闘中 あせあせ(飛び散る汗)



0617-01.jpg


すいれん鉢でビオトープ。2階のベランダで飼育しています。
1回失敗して、こちらは2代目。

最初に生き残ったヒメダカのオス1匹と、後から買い足した楊貴妃メダカのオス1匹+メス2匹。
ホテイ草を浮かべ、アナカリスをめだかの土と砂利を混ぜたものに植えてます。
浮き玉(すいれん鉢用の浮き飾り)は、いくつか種類あり。




0617-02.jpg


こちらは稚魚。

8日から数日に渡り、ホテイ草からはちみつの瓶へ移動しました。
親と同じ場所で孵化すると、親が食べちゃうんだって がく〜(落胆した顔)

体調は2~3o位かな?
次々生まれて、現在合計9匹になりました。





0617-03.jpg


稚魚のアップ。

下の2匹、しっぽ同士がくっついているみたいで可愛いでしょ 揺れるハート

本当にちっちゃくて、親と同じ大きさになるなんて、今は信じられません。




我が家にめだかが来てから、夫は毎朝毎晩、ベランダでめだかに癒されている模様 ぴかぴか(新しい)
メダカセラピーってあるらしいですね。
私も、気がつくとず〜〜っと、ひらひら泳ぐめだかを眺めて和んでいます。

今は稚魚無事に育つか心配で、はちみつの瓶にクギ付け 目
稚魚の飼育用に、実家から水槽を借りてきたので、環境が整ったらそちらに移します。










詳しいめだか日記にご興味のある方は、下の☆をクリック


posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | めだか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

1日目 神奈川〜愛知

本年度の夏休みは、紀伊半島を巡る旅。
私の、

「お伊勢さん巡りしたい〜〜。」
「志摩スペイン村行ってみたい〜〜。」

と、言うリクエストにより、夫が計画してくれました。

そして折角なので、愛知県と和歌山県に住む友人家族にも、会いに行く事になりました。
本日は愛知県の友人宅へお世話になります。

早朝5:45分に自宅を出発して、9:00に愛知入り。
ネットで見つけた天然石のお店で買い物していたら、丁度お昼頃になりました。


1006_01.jpg
 いきなり味噌煮込みうどん。
 初日のお昼です。

 人生初の味噌煮込みうどん。
 麺が思ったより固くてびっくりしました。
 煮込んでも煮崩れないようになのかしら。

 讃岐うどんみたいなコシとは、また違った味わい。
 私は白味噌、夫は普通の味にしました。




友人宅へは15時頃伺う予定でしたので、時間まで近隣を観光。
調べてみたら、『桶狭間古戦場』があるとの事なので行ってみました所・・・。


1006_02.jpg



大変小さな公園みたいな場所でした。
立て看板によると、

『永禄三年(一五六〇年)五月十九日に、今川義元が織田信長に襲われ戦死した所と伝えられ、
 伝楽狭間、あるいは舘狭間とよばれた。』

場所だそうです。

くる〜〜っと一周したら、あっという間に見学できてしまったので、有松にも行ってみました。



1006_03.jpg



行くまでは、有松って何があるんだろう?と、何もわからない状態だったのですが、旧東海道沿いの
昔ながらの街並みを残す建物が連なり、とても素敵な雰囲気。

平日の為か人もそれ程多くなくて、静かに散策できました。



1006_04.jpg



有松絞りと言う絞り染めが有名で、博物館や絞り染めのお店が何件かありました。
私はこちらの井桁屋さんで、絞り染めの巾着を購入。

最近ビーズクロシェを始めたので、出かけた先のちょっとした時間で編めるように、編み糸とビーズや
針を持ち歩くのに丁度良い大きさでした。


そんなこんなで、丁度良い時間になりまして、友人宅へ。
さすが新築!大きなリビング・ダイニングも素敵な豪邸で、大変快適に過ごさせて頂きました。
会社の保養施設(!)として、従業員しか入れないレストランがあるそうで、そちらのレストランにて、
摩天楼を見下ろしながら高級鉄板焼をご馳走になりました ハートたち(複数ハート)

朝は早かったけれど、初日はのんびり周れたスケジュールだったし、快適なお宅で、快適なテンピュールマットレスで夜もぐっすり 眠い(睡眠)

5ヶ月振りに会えて、素晴らしいお宅を拝見して、美味しいお食事を頂いて るんるん
素晴らしい1日でした、ありがとう ぴかぴか(新しい)









posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

節分祭

近所の神社で開催された節分祭に初参加 イベント
茶封筒に半分位の豆が一袋300円はちょっと高い感じだけれど、中にくじが入っています 目

0203_01.jpg
     列に並んで購入。
     こんな袋に入っています。

     ちなみに、

     特等 加湿器
     1等 シリコン蓋付きタジン鍋
     2等 ヨーロピアン傘
     3等 切り生餅
     4等 ウェットティシュー
     5等 BOXティシュー





我が家は3袋購入。
そしたら後から豆まきがあり、同じものを私4袋、夫1袋ゲット 手(チョキ)
撒かれた豆にも、ちゃ〜んとくじが入っています 揺れるハート

買ったのも合わせて、合計8袋 グッド(上向き矢印) さぁて、何が当たるかなぁ〜〜〜 るんるん



0203_02.jpg

  戦利品 あせあせ(飛び散る汗)
    
  ウェットティシュー1個に、BOXティシュー7箱。
  まぁ、こんなもんさ わーい(嬉しい顔)

  豆だけ買うつもりだったので、大きな袋なんか
  当然用意してなくて たらーっ(汗)
  小袋を2人で両指いっぱいに掛けて帰りました。
    
  でも、思いがけず楽しかった ぴかぴか(新しい)















   
posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

コンテナ船を見て来た

日記に予告しました船便の写真でございます。

まずは横浜港、大黒ふ頭を出航する姿。
シンボルタワーより撮影です カメラ


0829_01.jpg



既に荷降ろし済みなので、我が家の荷物は乗っていません。
これから神戸へ向かうらしい。
こんな感じで、船の上にコンテナが直積みされているのですねぇ。

荷造りの時、

「ガスボンベやオイル類は一切駄目、高温で爆発するから。キャンドルも駄目、溶けるから。」

と、ことごとく荷物をはじかれ、

「融通悪いなぁ〜〜ちょっと位いいじゃん!!」

と、ぶつぶつ言いながら航空便にしましたけれど、すいませんでした、納得しました あせあせ(飛び散る汗)
日陰無しの洋上を2ヶ月近く、むき出しのコンテナで運ばれてくれば当然ですね。
でも、積まれる位置によっても違うみたい。
航空便で送ったはずが、荷造りで気付かれずに船便に入ってしまった我が家のキャンドルは無事でしたが、関西に帰った友人のキャンドルは一部溶けていたって。


0829_02.jpg



こちらは遠く洋上へ去った後の一枚。
いってらっしゃ〜〜〜い 手(パー)


船便とは、こういう物なのね。
と、また一つお勉強になりました。











posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

レーズンブレッド

旅行Blog更新からの現実逃避Blog ダッシュ(走り出すさま)

そもそも、Blog作成は家の片付けや引越リスト完成からの逃避 ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
写真一枚だけなら、何とか。
逃避し続ける生活、このままでも・・・まぁ、いいかexclamation&question


さて、最近わりと頻繁に、ブレッドマシーンでパンを焼きます。
理由はストック食材の消費なんですが・・・ あせあせ(飛び散る汗)



0629_01.jpg





今日はレーズンブレッド。
サラダ用に買ったレーズンなんですが、サラダにナッツやレーズンを入れるブームが我が家から去った為、一袋余っちゃって。

この調子で、引越までにはパントリー空っぽを目指します 手(グー)










posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

4日目 カーズの街とミティアクレーター

昨日宿泊したホルブルックは、カーズのモデルとなった街だそうです。

偶然宿泊地を探した場所がそうだった。という結果なので、ちょっと感動が薄いのが残念。
私達はストーリーを理解していないので、帰ったら改めて観てみようと思います。


0613_01.jpg

  サリーが経営しているモーテル。

  旅行前に斜め見していたDVDで、確かに
  同じようなのがあった!

  コーンの前にはクラシックカーが展示
  されてますが、泊まれるコーンもある 
  そうです。




0613_02.jpg 0613_03.jpg


ここもカーズ関連のレストラン。
日曜日の為、残念ながら店はお休みみたいでしたが、ウィンドウ越しに店内も撮影してみました。

ちょっと前に行ったSatoちゃんによると、ミルクグラスや古いアメリカ雑貨が満載だとか。
カーズの監督のサインや写真もあるそうです。


0613_04.jpg

  閑散とした小さな街でしたが、
  趣のある店やモーテルが多い。

  ここもルート66のルートです。





0613_05.jpg

  ホルブルックから1時間。
  ミティアクレーターへ到着。

  隕石が墜落した跡地です。
  国定記念物ですが、昔研究の為に
  買い取った人の子孫一族が、現在も
  管理・経営をしているそうです。




0613_06.jpg

  かなり巨大ですが、ただの穴。

  パッとした写真がないので、
  せめて穴の大きさが判るものを。
  展望台の上の黒い点が人間です。
 
  クレーターの詳細については、
  リンクの日記をどうぞ。





0613_07.jpg

  ヒラ・クリフ・ドウェリングス国立公園
 
  道中にあったので寄ってみました。
  先住民が崖に作った洞窟の住居跡です。




0613_08.jpg

  本物の前に模型。
  実物を見る際にイメージしてください。

  こんな感じで生活が営まれて
  いたそうです。




0613_09.jpg 0613_10.jpg


左は引きの写真で良く判りませんが、右は同じ部分をアップで撮影したものです。

ここは全体が緩やかな渓谷のようになっており、渓谷沿いにこのような住居跡が点在しています。
時間が無いので途中までしか下りませんでしたが、かなり近くまで住居跡に行けるようです。

但し、帰り(登り)がかなりキツそうで、子供もゼーゼー行ってましたが。











posted by みさみさ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。