2005年12月25日

[Colorado] さよならベイル

今日もいい天気なのに、クリスマスなのに。
11時過ぎにはシャトルが迎えにきちゃいます。


051225-1.jpg今さらですが、今回お世話になったホテル『Evergreen Lodge』

ライオンヘッドまで、歩いても5分位の距離でした。
こちらは、ゲレンデ側から見た外観です。






051225-2.jpg 051225-3.jpg 051225-4.jpg


シャトルに乗って、一路空港へ。

最初の写真は、Vailのゴールデンピーク側ですが、後の2枚は別のスキー場。
車窓から見える度に撮影しておりました。
カッパーマウンテンとか、エイボンとかのゲレンデでしょうか?(←いい加減)


051225-5.jpg山間の道を抜けて、どんどん雪が少なくなると思ったら・・・。










051225-6.jpg居眠りしている間に、あっという間に街。

遠くに見えているの、デンバーの街でしょうか。

空港近くなると、辺りは砂漠みたいに何にもなくなります。






デンバー国際空港。
051225-7.jpg 051225-8.jpg


この屋根の形、面白いですよね。
空港内にも、あちこちに、トルネードシェルターなるものがありました。
季節によるんでしょうけれど、地理的に、竜巻が多く発生する地域とは聞いていました。

と、すると・・・。
この屋根は、トルネードで吹っ飛ばされても、ローコストでまた張り替えられるようになっているの・・・?
それとも、屋根部分を吹っ飛ばすことで、建物全体を守るようになっているとか。
柳の木効果と言うか。
サーカス小屋のテント(←表現が古い)みたいで、
遠くから見ても下から見ても、何だか頼りない感じがするのは私だけ?


空港まで来て、ホッとしたのも束の間。
チェックインして、搭乗ゲートエリアに来てあ然。

051225-9.jpg

・・・・あの〜〜〜、営業なさってますか??
そりゃぁ、今日はクリスマスですけれど、この閑散とした状態はどうか。

飛行機はゲートの外に待機していないし、他の乗客も殆ど居ないし。
一時は、本気で欠航になるかと、ヒヤヒヤしてました。

結局、飛行機は30分遅れで無事離陸。
空港係員のお姉さん、
「(ハァ〜〜〜)えぇ〜〜〜と、○列から○列のお席の方、ゲートへお進みください〜〜〜」
って、ため息交じり。
「何でクリスマスにこんな・・・」って感じのやる気の無さを、ひしひしと感じました。
お疲れ様です・・・。
不思議と、嫌な感じはしませんでしたけれど。

乗客も、乗ってみたら20人程はいました。
アトランタにも、ほぼ定刻通り、荷物も無くならず、無事帰ってまいりました!


















posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

[Colorado] ベイル最終日

あっという間の3日間でした。

スキーができるのは、今日が最終日。
朝一番の9時のゴンドラに乗るつもりだったのに、今の時期は8時半から動いているんだって。


051224-1.jpg山を登るゴンドラからの景色

今日も快晴ですが、午前中にそよ風程度が吹いて、午後からは無風に。
雪質・天候・気温・体感ともにベスト!
イブだけれど、神様のクリスマスプレゼントでしょうか。

まずは初日にCloseだった、Blue Sky Basinへ向かいます。



051224-2.jpg「きゃ〜〜〜」でしょ?

どうです、この高さ。
もちろん、体むき出しの足ブラブラ状態のリフト。
ストックなんか落そうものなら、二度と見つかりません。

ぐぉ〜〜っと尾根を下って、またぐお〜〜〜っと登ります。
下りのスリルったらもう・・・口から心臓飛び出しそうです。
それに、吹きっさらしでさ〜〜〜む〜〜〜い〜〜〜!!




あり?
Blue Sky Basinの写真、保存していないみたいです・・。


051224-3.jpg 051224-3a.jpg

この2枚が、向かう途中と、Blue Sky Basinから見えた山の景色かも。
初日に、地元の女性とリフトで乗り合わせたのですが、彼女はいつも、Blue Sky Basinに行くと言っていました。
今日はCloseだから、仕方なくフロントに来たと言っていたので、結構期待していたのですが、私達にはあんまり面白くなかった模様。
写真が無くて失礼。


051224-4.jpg 051224-5.jpg


上記いずれもBack Bowl。
もう夢中で、あっという間にここに戻ってきてしまった記憶が。
色んなボウルに行きたくて、夢中で滑っておりましたが、夫ついて来れず・・・。
写真も撮りたいし、体力続かなくて休憩も必要だし。
持参した無線が、結構役に立ちました。


051224-6.jpgリフトが止まるのは3時半〜4時。
最終日なので、ギリギリまで滑って、フロントへ戻ってきました。

今日の最終目的は、『クリスマス』と言う名のコースを滑ること。
イブにふさわしい締めでしょ?






051224-7.jpgふもとまで、最後のコースを滑ったら、今回のスキー終了!

夕焼けが街に映えて、とってもきれい。
終わるのが惜しくて、ゆっくりゆっくり、降りてきました。





今までは、1日に何本滑れるか、と言う、まるで体力勝負のスキーでしたが、今回は体調と相談しながら、ゆっくりのんびり滑ったおかげで、3日間とても楽しかった。

機会があれば、もう一度。
いえ、何度でも訪れたい場所です。


さっきリフトで乗り合わせた、ブルガリア出身のインストラクターの方、
「旅行で来て、そのまま帰らなくなっちゃう人、多いんだよ!僕もそう。」
と言っていた。
その彼の気持ちが、今よ〜〜くわかります。
でも、日本人には、ちょっとマネできない感覚・・・。


おまけ。
051224-8.jpg 051224-9.jpg 051224-10.jpg


スキー場の上にも、レストランやBarがある関係で、ふもとからのゴンドラのみ、遅くまで動いています。

最終日だし、天気も良いし、クリスマスイブだし(?)
レンタルショップにスキーを返却した後、夕日の写真を撮る為に、またゴンドラに乗りました。

夫は悦に入って、あっちこっち撮影場所を変えて動き回っておりましたが、私はもう寒くて寒くて!!
スターバックスに避難して、(どこにでもあるスターバックス♪)スケートリンク脇の焚き火にあたっておりました。


051224-11.jpgこちら、帰りのゴンドラの中から。
フラッシュ使っていないので、ちょっとブレてます。







クリスマスイブディナーは、もちろん「和食!」
私達にはご馳走なんだもん、文句ある?!

ベイルで唯一のおすし屋さん、『オーサキ寿司』に行きました。
お魚新鮮で、お寿司も天ぷらも最高!でした。














posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

[Colorado] ビーバークリーク

3日目の今日は、別のスキー場へ足をのばしました。
ライオンヘッドからシャトルバスで約30分の『Beaver Creek
Vailのリフト券が共通で使えます。


051223-1a.jpg今日は快晴!

Vailを体験しちゃっているので、多少こじんまりと見えますが、
落ち着いた、大人の雰囲気があるスキー場だそうです。






051223-2.jpgフロントのリフト下の様子。

Vailもそうでしたけれど、混んでいてもこんな感じです。







051223-3.jpg 051223-3a.jpg夫の華麗なる(?)滑り。

お天気良いのに、雪質は最高、人もごらんの通り少なくて、もう天国。
気圧に慣れたのか、今日は2人とも調子いいです。




「あれ?ひょっとして私、かなり上達した??」

と、思わず錯覚する程のパウダースノー。
滑りやすいです。


051223-5.jpgゲレンデから見下ろした、Beaver Creekの街。

今日はお天気には恵まれましたが、風が冷たくて、とっても寒い!
最初は、はしゃいでいた私も、午後になるとぐったり。
筋肉痛もあって、夕方にはスタミナ切れになったみたいです。

これで終わり!
と思って選んだ林間コースが、予想よりちょっと急で、
最後は半泣き状態。

夫に八つ当たりしながら、何とか下ってきました。



051223-6.jpgスキー後に街を探索。

街の真ん中に、スケートリンクがありましてた。
綺麗な女の人が華麗な滑りを披露しておりました。












posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

[Colorado] ベイル2日目

朝飛び起きる夫。

「あれ?寝ちゃった!?もったいな〜〜〜い」

旅行中は、可能な限り動き回りたい夫なので、昨日1日無駄にしたのがよほど悔しい様子。
急いで用意して、9時にはライオンヘッドのレンタルスキーショップへ急ぐ。


051222-1.jpgどど〜〜〜ん!!

街の入口に、LEGOのVOLVOを発見。
写真では見えませんが、タイヤは本物で、それ以外はバックミラー部分まで、全てLEGOでできています。
将来、LEGOに転職したいと言う妹に、実物を見せてあげたい。




おっと、また帰りにじっくり見るとして、今はレンタルショップへ急がねば。
今回借りたのは、一番下のレベルでしたが、板もブーツも『Rossignol』の今年モデル。
アメリカのレンタルスキーは、質がいい。


まずはゴンドラで頂上へ向かいます。
1年ぶりの足慣らしと、薄い空気に体を慣れさせなければ。
天気はイマイチですが、思ったほど寒くありません。


051222-2.jpg1本目なのに、空気が薄いのに慣れないのと、日ごろの車生活で体力が落ちているのとで、夫も私も、すぐに息が上がってしまう。
頂上から初心者コースを下る途中で、へこたれ休憩中に、圧雪車の群れに遭遇。

Vailはあまりに広大な為、何と24時間、圧雪しているそうです。
並んで山を降りてくる様は壮観。





051222-3.jpg「よし!バリバリ行くぜぇ!!」

って感じのポーズですが、実はバッテバテ。
あんまり無理して、また高山病になっても嫌だし、
今日は焦らず行きましょう。






051222-4.jpgゲレンデ情報。

今日は強風の為、フロントサイド右上(コース図の黄色い線より上)とBlue Sky BasinはCloseだそうです。
フロントを3本程滑って、噂のバックボールに行って見ました。







051222-5.jpgこちら、バックボールです。

どれだけ広大だかわかります?
画面中央、すり鉢場の底部分に見える点々。ゴミや汚れではありませ

ん、人です

クリスマスシーズンですから、これでも混雑しているとのこと。
日本のスキー場とはケタが違う。
沢山人がいるはずなのに、どのコースを滑っていても、殆ど人に遭いません。
リフトやゴンドラ近くと、レストハウスで、やっとそれなりの人数を見る感じ。
それでも、日本みたいに、ごっちゃりじゃなのがいいですね。



実は、バックボールを滑る前に、早々とお昼休憩に入っちゃったのでした。
普段体力バリバリの時なら、お昼御飯なんてすっ飛ばされるか、夕方近くなって思い出すことが多いのですが、私よりも夫がダウン。
40近くなると、駄目ですねぇ。

バックを何本か滑って、初日は早々に上がりました。
明日はもうちょっと行けるといいんだけれど。


さるさる日記はこちら

















posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

[Colorado]ベイルスキー

アメリカで迎える最後のクリスマスはアメリカでスキーだ!

と、言う事で、我が家が選んだのは、コロラドのベイル

Frontlg.gif

上記のマップはフロントサイドのみです。
この上バックボールブルースカイベイスンと言う3つのゲレンデで構成されています。


山頂標高3,527m、富士山頂とほぼ同じ高さです。
水分を沢山摂れば、高山病が予防できるとの情報により、2ℓのミネラルウォーターをかかえ、10人乗りのシャトルバンでいざ出発!
デンバー空港から約2時間半の距離ですが、水分摂ったにもかかわらず、
夫は高山病の頭痛に襲われダウン。
私は、大量に飲んだ水のおかげで、着いた時には膀胱爆発寸前。
最後は限界にチャレンジの過呼吸状態でしたが、それが幸いしてか、高山病にはなりませんでした。

夕方到着だったので、初日はレンタルスキーショップの下見を兼ねて、ベイルの街散策。
夜はホテル併設のジャグジーに入る予定だったのに、夫がとうとう一歩も動けず、
部屋から出られませんでした。


仕方なく部屋から撮影した、ベイルスキー場。

12-21-1.jpg


初日の夕食は、持参のカップめんじゃ。
さみし〜〜〜。

明日は元気になってよ!

日記はこちら








posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。