2006年01月28日

Tallulah&Tugaloo State Park

お天気が良いので、北へドライブ。

Tallulah州立公園へ滝を見に。
ついでに、側まで行くので、州境のTugaloo州立公園を周り、ダッヂオーブンで有名な『Lodge』のアウトレットに寄ってきました。


こちら、本日のドライブルートです。

060128-map.gif




060128-01.jpg
お土産屋さんで地図を手に入れ、やっとビジターセンタへ到着。








060128-02.jpg
まずはお勉強と、併設の博物館へ。

昔は汽車の駅があり、それなりに大きな街だったようです。
手前のケースに入っているの、金属製のクラリネットです。






インフォメーションでトレイルルートを確認し、まずは左手の、上から見下ろす展望台へ。


060128-03.jpg対岸中央に見える、赤い屋根の建物が、地図を貰ったお土産屋さんです。










060128-06.jpg 060128-04.jpg

展望台から真下を見た景色と、右手の川上。







060128-05.jpg
上を見上げたら、木にツタが絡まっていて、
ブルーベリーみたいな実が。

これ、なんだろう?







060128-07.jpg
一旦ビジターセンタ前に戻って、今度は右手のトレイルへ。

なが〜〜い鉄の階段をひたすら降りて、途中のつり橋を渡り・・・





060128-08.jpgさらに延々と階段を下って、やっと到着。

300段までは数えたんですけれど、また登る事を考えると嫌になり、途中でやめました。

1月なのに、到着したら汗びっしょり。
フリース着てきた事を後悔しましたが、滝のおかげで涼し〜〜〜♪
マイナスイオンをたっぷり補充。




060128-09.jpg
また数百段の階段を上がり、やっとつり橋まで戻る。
もう上着脱いじゃって、へっとりへとへとよ・・・・。







060128-10.jpg

こちら、吊り橋の上より。












疲れた体を引きずり、次の目的、Tugaloo State Parkへ。


060128-12.jpg 060128-11.jpg川に突き出した半島になっている公園。

向こう側は、もうノースカロライナです。
こちらはジョージア側ですけれど、
ノースカロライナのラジオが入りました。

泳げるビーチなんかもあって、夏場楽しそうです。



060128-13.jpg
辺りが薄暗くなるころ、やっとLodgeのアウトレットに到着。

煮豆用の鉄鍋を買いに来たのですが、
ちょうど目当てのサイズがセール!
$12で手に入れちゃいました♪





色々周って、充実の一日。
早速黒豆を煮なくては。
























posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Georgia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

[Tennessee・North Carolina]

昨日の間に、ケンタッキーからテネシーまで戻り、I-40を降りてすぐの、
Dumplin Valleyという街に宿を取りました。

今日はGreat Smoky Mountainsを経由して、のんびりアトランタまで戻る予定。
フロントで聞いたら、ここからGreat Smokyまで、30分程度とのことでしたが・・・。

我々は、到着まで約6時間かかりました。

何をしていたかと言うと・・・・。

060109-01.jpg朝10時。

「いざ出発!」
と思ったら、ホテルの向かいに、LODGEのアウトレット発見!!

Hさんから便利だと聞いていた、鉄のフライパンと蓋をGet。
F君も料理には凝るタイプで、かなり心を動かされておりました。





「いきなり寄り道してごめん。さ、出発!」



ものの5分も走っただろうか。
今度は、通りかかったSeviervilleの街が気になり、


「ちょっと、寄ってみようか?」


060109-02.jpg
街の中心にある裁判所。

有名なフォークシンガーの出身地らしく、銅像がありました。
古い街並みが残っており、昔ながらの商店街とか、いい味出しているね。






「さ、今度こそ出発!!・・・・・」


「何か、さっき通り過ぎてきたアンティークショップ街、気になるよね・・・」
「行っちゃう?まだ午前中だし!!」


写真が無いですが、その後ちょっと引き返して、大きなアンティークショップやモールを一通り周る。

満足して、次の街、Pigeon Forgeへ差し掛かると・・・。

わ!急に賑わってきた。
何というか・・・日本で言うと、今まで何もない田舎道なのに、温泉地に入った途端、
急に街中に放り込まれたような感覚?

ゲームセンターにレーシングカートにミニゴルフ。
蝋人形館やミニ遊園地など、ミニハリウッドとか、ラスベガスと言っても過言ではない。

Great Smokyに来る時って、いつもGeorgia側から入り、そのまま引き返していたので、
Tennessee側って、来た事がありませんでした。
こっち側すごい観光地じゃん!North Carolina側とは、えらい違い。
へぇ〜〜知らなかった。


そんなこんなで、ちょうどお昼の時間になっちゃって、そのままPigeon Forgeの
ピザバイキングで昼食。
入口でお金を払って入場すると、正面〜左手がピザバイキング、右手にゲームセンター。
ピザを食べないと、ゲームセンターには入れない仕組みで、ちょっと変わっています。

ピザもパスタも、色々種類があって、結構美味しかったです。
デザート用の甘いピザなんかもあったりして。
スープやサラダも充実していて、店内もバイキングカウンタも、常に清潔に片付けていました。
飛び込みで入ったけれど、アタリだったね。


「よし!お昼も食べたし、行くか!!!」


と、ここでF君。

「あの〜〜〜、隣のゲームセンター、ちょっと寄って行きませんか?」

060109-03.jpg
寄り道大好きな私達、異論はございません。

“ちょっと”のつもりが、対戦ゲームで火がつき、エアホッケーだの
バスケゲームだの、一通り遊び倒す。
喉の渇きは、再びバイキングエリアのドリンクバーで。
わ〜〜下手したら、1日ここで遊べちゃう。





いか〜〜〜ん、本来の目的がどんどん遠くなっている!!



060109-04.jpgやっと、山の麓に到着。

おぉ、ここも観光地の雰囲気満載じゃ。
この写真、撮影時間見たら、15時52分だって・・・。

もう夕方じゃないか!!



060109-05.jpg 060109-06.jpg
来て見たら、道には雪が残っているし、展望台は冬季クローズだし。
辺りはハゲ山だし・・・。

ま、寄り道して、正解だったかな?



右のは、North Carolina側にある、ビジターセンタのまつぼっくり。
2cm無い位、ちびっちゃ〜〜くて可愛いので、毎回拾って持って帰る。




山を降りたら、もう5時過ぎ。
どうやって帰ろうかなぁ〜〜と地図を見ると・・・。


「Ashville通って帰る方法もあるよ、行っちゃう?」

ビルトモアエステート、見られるかもね・・・・。」

ビルトモアエステートって、個人の邸宅としてはアメリカ最大級のお城です。
今は建物の一部を一般公開していて、宿泊施設とかもあります。

そう、もちろん行っちまいましたよ。
今回のメンバーでは、誰も私達を止める人はいない。


6時過ぎに着いたんですけれど、やっぱり今日は閉演だって。
セキュリティーゲートで、「宿泊客です!」って、言っちゃえば良かったかなぁ。
ま、仕方が無い。


しかし!このまま手ぶらで帰ってなるものか!!


通りを挟んで、向かいのマクドナルドが、あまりにも異色だったので、休憩を兼ねて潜入。


060109-07.jpg 060109-08.jpg 060109-09.jpg

どうよ、これ?

やっぱり、豪華な城の側にあるマックは、外装・内装共に気を使うのだろうか。
こんな豪華なマック、見たことないです。
店内には、グランドピアノに暖炉まであるんだよ?

ま、ここまで来た甲斐があるってものさ。


今回の、全工程ドライビングマップ。
すごい、Georgia入れたら、5州越えしている。

060109-10.gif

以上!1泊2日の旅終了。

通常、2人以外の旅では、もっと緩やかな日程にするんですけれど、
今回のF君も、私達と同じく寄り道好きと言う事で、またしても盛りだくさんの旅になりました。
帰り道、
「良く考えたら、昨日の朝出発したんですよね。なんか、マンモスケイブが数日前の気がします。」
と、F君。

この後、地元でフォー食べて解散。

いや〜〜満足満足♪















posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

[Kentucky] マンモスケイブとサンダースカフェ

060108-1.gif
今回旅した場所。




アメリカの、大体この辺りです。  
                  








3回目の『マンモスケイブ国立公園

060108-2.jpg実は、2003年の11月に一度訪れているのですが、今回はスタンプを押す為に、またやってきました。








我が家は自他共に認めるコレクターですが、全米の国立公園にスタンプがあり、それを収集する為の、『National Park Passport』なるものの存在を知りまして、2年程前から集めています。

最初に来た時は、その存在を知らなかった為に、後から知った時には、地団駄踏みました。

アラスカにも行っているのに!!

「スタンプ押しに、ちょっと行ってくるか」

という場所じゃないじゃないですか、さすがに。
今回のマンモスケイブも、2つも州を越えなくては行けない場所。
昨年、別の旅行の帰りに寄ってみたのですが、何せ国立公園。
通常5時には、ビジターセンターが閉まってしまう為、間に合わず・・・でした。

ところが、チャンス到来。
夫の同僚F君が、3連休を利用して訪れると聞き、ついでに我が家も便乗することにしました。


060108-3.jpg久しぶりのビジターセンター。

「やっと・・・やっと来たね・・・!!」

と、感動に打ち震えながら、押した、念願のスタンプ。
F君も、今回ここで、パスポート仲間に加わりました。



060108-4.jpg 060108-5.jpg

今回参加したのは、ヒストリックツアー。

前回のランタンツアーは、手元のランタンの明かりのみが頼りだったので、
手元以外は暗すぎて、良く見えなかった覚えがあります。

夏季は、所要時間6時間以上、途中洞窟の中のレストランで昼食をとったり、狭い所を這って進むような、本格的な探検コースから、30分程度のライトなコースまで、10種類以上のツアーがあります。
しかし、我が家は前回も今回も冬季に来てしまい、4種類位しかツアーが出ていませんでした。

その中でも人気であることと、時間配分を考えて、これをチョイス。
所要時間2時間、4マイル(約3km)を歩きます。

今回、写真が少ないですが、前回の方に多くアップしますので、そちらをご覧下さい。

朝5時にアトランタを出て、1時間の時差を超え、13時のツアーに参加。
その間おにぎり1個しか食べていなくて、出てきた時はお腹ペコペコでした。



車で残りのおにぎりを食べて、次の目的地。
ケンタッキーフライドチキンの、カーネルサンダースおじさんが生まれた街、Corbinへ。

この街には、KFC1号店の、『Sanders Cafe』があります。


向かう途中Cumberland fallsという滝があり、ヒストリックサイトになっていたので、休憩がてらちょっと寄り道。


060108-6.jpg 060108-7.jpg高さはありませんが、水量はかなりあるように見えました。
山道をず〜〜〜っと走ってきた疲れも、滝から出るマイナスイオン効果で、ちょっと癒された感じ。
(←私は運転してないくせに)

もう夕方だったので、ビジターセンタが閉まっていたのが、ちょっと残念でした。




それからさらに1時間。
街に入ってから、地図の道と実際がちょっと違っていたので、少し迷いましたが、無事Sanders Cafeに到着〜〜〜。

男性陣、運転お疲れ様です。


060108-8a.jpg 060108-8.jpg暗くなっちゃったのが残念!

お腹も空いたし、まずは店内へ・・・・。







060108-9.jpg店内入って左が店舗カウンター、右がダイニングエリアになっています。

店内至る所に、当時使っていた食器や圧力鍋、メニュー等の展示があり、食べたいけれど見たいし・・・と、しばし店内をウロウロ。

「まずは落ち着いて食べよう!」

と、とりあえずオーダー。


060108-10.jpg 060108-11.jpg昔の雰囲気そのままの、
ダイニングエリア。

いい感じでしょ?
私達は、右の写真の赤いブースで食べました。
床板とか、そのまま使っているとしたらすごいですよね。


チキン、美味しかったです!!

このCafeでは、昔ながらの製法でチキンを提供しているとの言葉通り。

「と、言う事は、他の支店は違うの・・・?」

と、ちょっと疑問に感じますが、他の支店は冷凍の肉だけれど、ここのは違うとか?
味付けは大きく変らないと思うんですが、ともかく、肉のジューシーさと柔らかさが違いました。


060108-12.jpg 060108-13.jpg食後はさっそく店内探索。

詳しく説明文を読んでいないので、解釈が怪しいですが、元は、モーテルが経営しているレストランだったらしいです。





060108-14.jpg
当時のメニュー。

朝食セットが、$1前後で食べられちゃう時代だったんですね。






060108-15.jpg当時の模型。

光っちゃって、ちょっと見えにくいですが、ガソリンスタンドも一緒に営業していたみたい。
確か、最初はレストランの裏にあったガソリンスタンドを、後に道を挟んで向かいの、模型の場所に移動したらしいです。



今みたいに、どこでもガススタンドがある時代ではなかったんでしょうね。
車で長距離旅行する人向けに、モーテルがあって、レストランがあって、一緒にガソリン補給もできて。

モーテルは、確か火災で焼けてしまったはずです。
現在、外から見た限りでは、ケンタッキーのオフィスになっているみたい。



念願の1号店に来られて、無事味わえて、満足満足♪
色々盛りだくさんの1日でした。



















posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

ヘレンとキャベツ畑人形

旦那も女房も、アトランタはベテラン(?)と言う事で、
今回は、ちょっとマニアックな観光地へ。

Georgiaの北に位置する、Helenというドイツ村と、キャベツ畑人形発祥の地、
Clevelandの、Babyland General Hospitalへ行ってみました。


060103-01.jpgドイツ様式の建物が美しい町並み。

日本ではまだ松の内、お正月の雰囲気満載で、観光地なんて人も
多いでしょうが。
アメリカは2日からほぼ平常営業。

もちろん3日なんて平日扱いな訳で、街はがら〜〜んとしていました。



060103-02.jpg
何か、ヘンゼルとグレーテルの世界って感じでしょ?

可愛いお土産屋さんとか、レストランが沢山あります。




060103-03.jpg
今回食事したレストラン。

朝食からそんなに時間が経っていなかったので、ドイツビールとソーセージの盛り合わせ。
デザートに、アップルシュトリューデルをチョイス。
もちろん美味しくて、量も腹具合に丁度良かった感じ。

料理の写真、撮れば良かった。




お土産屋さんのおばちゃんから、ちょっとしたドイツ語講座。

ありがとうは「ダンケシェーン」だと思っていたけれど、おばちゃん、
「ダンクウェル」って言っていた気がする。
ちょっと時間が経っちゃったから、忘れたなぁ・・・。
「いくら?」とか、「さようなら」も聞いたんだけれど。



街を一周した後、ちょと南下してClevelandへ。
いよいよキャベツ畑人形の館へ・・・。

060103-04.jpg

館ではなく、病院という設定でした。
ここはいわゆる産院で、キャベツママから産まれた赤ちゃんを、養子にするという形で購入します。


060103-05.jpg
入ってすぐの赤ちゃんエリア。

一人一人ちゃ〜〜んと名前が付いています。





060103-06.jpg
何と、本物の保育器まで!

未熟児の赤ちゃんが、こちらでケアされています。
すごく細かい設定だ・・・・。





060103-07.jpg
新生児室。

ここ数日で、産まれたばかりの赤ちゃん達です。






060103-08.jpg2〜3歳児エリアかな?

女房ったら、出会い頭でびっくりしたらしく、右下の人形に、

「Hello〜〜〜」

とか、挨拶していました ( ^∀^)



060103-09.jpgこちら、出産ショー (◎皿◎)

看護婦さんが、ちゃ〜〜んとハサミを使って、キャベツの葉っぱを切り分け、赤ちゃんを取り出しました〜〜〜。
女の子だそうです。

フラッシュたけず、ぶれています。


060103-10.jpg
赤ちゃんママの根元には、首だけのキャベツベビーが・・・。

ちょっと、見ようによっては怖くない?これ。








今回紹介した人形達は、訪れた人が自由にアダプト(養子に迎える)ことができます。
普通に市販されている人形達はプラスチック(らしき材質)ですが、
ここの子達は、全て手作りの布製。
4種類の肌の色、5種類の目の色に加え、髪型や質まで、様々な子供達がいます。
病院内には、

「子供達のストレスになるので、養子縁組の費用は掲載していません。
 お近くのスタッフにご確認下さい」

との張り紙が。

後学の為に伺いましたが、未熟児で$170からだそうです。
約2万円弱ですね。
一番大きな子で、$350位だそうです。
アダプトする時は、ちゃんと宣誓室で。書類にサインもするんですよ。



060103-11.jpg夕方街に戻り、ブリュワリーで夕食。

街のあちこちで見かける亀が、ここにも。
創作和食が中心のお店で、とても美味しかったです。

旦那&女房は、明日カナダへ。
気をつけて行ってらっしゃい!!

































posted by みさみさ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Georgia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。