2011年10月06日

1日目 神奈川〜愛知

本年度の夏休みは、紀伊半島を巡る旅。
私の、

「お伊勢さん巡りしたい〜〜。」
「志摩スペイン村行ってみたい〜〜。」

と、言うリクエストにより、夫が計画してくれました。

そして折角なので、愛知県と和歌山県に住む友人家族にも、会いに行く事になりました。
本日は愛知県の友人宅へお世話になります。

早朝5:45分に自宅を出発して、9:00に愛知入り。
ネットで見つけた天然石のお店で買い物していたら、丁度お昼頃になりました。


1006_01.jpg
 いきなり味噌煮込みうどん。
 初日のお昼です。

 人生初の味噌煮込みうどん。
 麺が思ったより固くてびっくりしました。
 煮込んでも煮崩れないようになのかしら。

 讃岐うどんみたいなコシとは、また違った味わい。
 私は白味噌、夫は普通の味にしました。




友人宅へは15時頃伺う予定でしたので、時間まで近隣を観光。
調べてみたら、『桶狭間古戦場』があるとの事なので行ってみました所・・・。


1006_02.jpg



大変小さな公園みたいな場所でした。
立て看板によると、

『永禄三年(一五六〇年)五月十九日に、今川義元が織田信長に襲われ戦死した所と伝えられ、
 伝楽狭間、あるいは舘狭間とよばれた。』

場所だそうです。

くる〜〜っと一周したら、あっという間に見学できてしまったので、有松にも行ってみました。



1006_03.jpg



行くまでは、有松って何があるんだろう?と、何もわからない状態だったのですが、旧東海道沿いの
昔ながらの街並みを残す建物が連なり、とても素敵な雰囲気。

平日の為か人もそれ程多くなくて、静かに散策できました。



1006_04.jpg



有松絞りと言う絞り染めが有名で、博物館や絞り染めのお店が何件かありました。
私はこちらの井桁屋さんで、絞り染めの巾着を購入。

最近ビーズクロシェを始めたので、出かけた先のちょっとした時間で編めるように、編み糸とビーズや
針を持ち歩くのに丁度良い大きさでした。


そんなこんなで、丁度良い時間になりまして、友人宅へ。
さすが新築!大きなリビング・ダイニングも素敵な豪邸で、大変快適に過ごさせて頂きました。
会社の保養施設(!)として、従業員しか入れないレストランがあるそうで、そちらのレストランにて、
摩天楼を見下ろしながら高級鉄板焼をご馳走になりました ハートたち(複数ハート)

朝は早かったけれど、初日はのんびり周れたスケジュールだったし、快適なお宅で、快適なテンピュールマットレスで夜もぐっすり 眠い(睡眠)

5ヶ月振りに会えて、素晴らしいお宅を拝見して、美味しいお食事を頂いて るんるん
素晴らしい1日でした、ありがとう ぴかぴか(新しい)









posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

4日目 カーズの街とミティアクレーター

昨日宿泊したホルブルックは、カーズのモデルとなった街だそうです。

偶然宿泊地を探した場所がそうだった。という結果なので、ちょっと感動が薄いのが残念。
私達はストーリーを理解していないので、帰ったら改めて観てみようと思います。


0613_01.jpg

  サリーが経営しているモーテル。

  旅行前に斜め見していたDVDで、確かに
  同じようなのがあった!

  コーンの前にはクラシックカーが展示
  されてますが、泊まれるコーンもある 
  そうです。




0613_02.jpg 0613_03.jpg


ここもカーズ関連のレストラン。
日曜日の為、残念ながら店はお休みみたいでしたが、ウィンドウ越しに店内も撮影してみました。

ちょっと前に行ったSatoちゃんによると、ミルクグラスや古いアメリカ雑貨が満載だとか。
カーズの監督のサインや写真もあるそうです。


0613_04.jpg

  閑散とした小さな街でしたが、
  趣のある店やモーテルが多い。

  ここもルート66のルートです。





0613_05.jpg

  ホルブルックから1時間。
  ミティアクレーターへ到着。

  隕石が墜落した跡地です。
  国定記念物ですが、昔研究の為に
  買い取った人の子孫一族が、現在も
  管理・経営をしているそうです。




0613_06.jpg

  かなり巨大ですが、ただの穴。

  パッとした写真がないので、
  せめて穴の大きさが判るものを。
  展望台の上の黒い点が人間です。
 
  クレーターの詳細については、
  リンクの日記をどうぞ。





0613_07.jpg

  ヒラ・クリフ・ドウェリングス国立公園
 
  道中にあったので寄ってみました。
  先住民が崖に作った洞窟の住居跡です。




0613_08.jpg

  本物の前に模型。
  実物を見る際にイメージしてください。

  こんな感じで生活が営まれて
  いたそうです。




0613_09.jpg 0613_10.jpg


左は引きの写真で良く判りませんが、右は同じ部分をアップで撮影したものです。

ここは全体が緩やかな渓谷のようになっており、渓谷沿いにこのような住居跡が点在しています。
時間が無いので途中までしか下りませんでしたが、かなり近くまで住居跡に行けるようです。

但し、帰り(登り)がかなりキツそうで、子供もゼーゼー行ってましたが。











posted by みさみさ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

3日目 化石の森国立公園と記念碑

サンタフェは午前中で切り上げて、午後は化石の森へ。
ここからかなり距離があるので、急がなくては。


0612_11.jpg

  まずは化石の記念碑へ。

  ここはスタンプ目的で寄っただけなので、
  ビジターセンタだけ行って次の目的地へ。




0612_12.jpg 0612_13.jpg


途中で州境を通ったので、看板コレクション用に撮影。

基本的に隣の州に入る時しか看板は無いのですが、後部座席左後方に待機して、州境を超える直前に反対車線のニューメキシコを撮影。
すぐさま後部右側に移動し、アリゾナの看板もパチリ。
高速道路の走る車中の中、一回しかチャンスがないので緊張しましたが何とか成功 手(チョキ)


0612_14.jpg

  3時間半走って、やっと化石の森に到着。
 
  時差に救われて、何とか主要な箇所は
  見学できる時間がありそう。




0612_15.jpg

  全米で(確か)唯一、国立公園内を
  走るルート66の記念碑。

  アドービのモニュメントに車のバンパー
  が埋め込まれていました。




0612_16.jpg 0612_17.jpg


子供のいたずら書きみたいですが、インディアンの壁画。
それぞれの絵に意味があるようで、点描画のような手法で描かれているそうです。


0612_18.jpg

  インディアンの住居跡。

  修復されているんだろうけれど、
  雨が少ない気候のせいか他の遺跡より
  綺麗に残っているように見える。




0612_19.jpg

  いよいよ見えてきました!

  丸太が石化した化石です。
  国立公園の地下90mまで堆積しており、
  大地の侵食と共に徐々に姿を現します。




0612_20.jpg 0612_21.jpg



0612_22.jpg

  侵食によって、このように現れます。

  殆どの木は、珪素を含んだ雨水の影響で
  石化した後、地震や地殻変動の際に自然と
  ひびが入り、そこから割れてこのような
  輪切りの姿になります。

  国立公園に制定される遥か昔には、
  多くの宝石商から大量の化石が
  持ち去られたとか。

  現在でも盗掘を防ぐ為、公園への
  入退場時には、ゲートでチェックがある
  との事。

  私達は遅くに到着した為か、入場も退場も
  特にチェックはありませんでした。




0612_23.jpg

  切り口のアップ。

  石化する前の木は松や杉なのですが、
  どんな石になるかは木の種類ではなく、
  雨水に含まれる成分の違いで決まります。

  同じ木でも、反応する成分で全く違う
  石になるなんて、ちょっと不思議。





0612_24.jpg 0612_25.jpg


公園外にあったお土産屋さんにて。

木からとれた石や、木をそのまま薄切りにした飾りなんかが売っています。
こんなに豊富な種類の石が採れる場所は、他に中々無いそうですよ。

ちなみにこちらで販売されている石は、保護された公園以外の場所から採掘された物だそうです。













posted by みさみさ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3日目 サンタフェ

宮沢りえの写真集で有名なサンタフェ。
ダウンタウンは1km四方に収まるエリアなので、歩いて観光できます。



0612_01.jpg 0612_02.jpg



まずは、ビジターセンタ裏のサンミゲル教会へ。
インディアンによって1626年に建てられた、サンタフェ最古の教会だそうです。

外壁は修復中でしたが、教会内の展示はやっていました。
アドービ様式の日干し煉瓦があったり、土壁の中が見えていたりして、返って良いタイミングで見られたかもしれない。


0612_04.jpg


  カラフルで質の高そうな民芸品達。

  スペイン風の中庭みたいな路地が
  良い雰囲気です。




0612_05.jpg

  憧れのターコイズジュエリー。

  素敵だけれど、サンタフェのジュエリーは
  かなり上品なデザインが多いみたい。

  私はもうちょっとインディアンっぽいと言うか、
  ガッシリしたデザインが好み。




0612_06.jpg

  ロレットチャペル。

  奇跡の階段と呼ばれる、らせん階段が有名です。
  真ん中の支柱が無く、鉄の釘も使われていない
  のに、90年近く一度も壊れずに使われたとか。




0612_07.jpg



  これが33段のらせん階段。

  元々手摺はありませんでしたが、
  安全性の為に後から取り付けられたそうです。

  写真では判りにくいですが、手摺を取り付ける
  前の写真が階段前に展示してあります。




0612_08.jpg



  サンタフェにもルート66が通っています。

  バイク乗りなら一度は走ってみたい道路だそうで、
  沢山のバイクを見かけました。

  ハーレーの集団はかっこいいけれど、街中に響く
  爆音に、観光客達はちょっと渋い顔。




0612_09.jpg

  ここは短大の美術館で、正面の通路の様子。
  
  さすが美大!さすがアートの街!!
  ただの通路なのにこんなに素敵です。

  何だか京都の有名な鳥居を連想させる
  眺めでした。




0612_10.jpg

  スクエア周りの露天。

  ここの露天は、インディアンのアーティスト
  が直接売っている店が多かった。

  露天にしてはデザイン性が高い作品が多い
  けれど、その分ちょっと高価でした。












posted by みさみさ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

2日目 電波望遠鏡郡 VLA

白砂を堪能した後は、電波望遠鏡郡へ。

またしても、な〜〜んにも無さそうな道を走っていたのですが、突然景色が一変。


0611_11.jpg

  一面の溶岩台地に咲く、サボテンの花。

  昔噴火があって、溶岩が流れて固まった
  んなだな、という感じ。

  群馬にある、鬼押し出しを思い出した。




0611_12.jpg


  野を超え、谷を超え、山を登り・・。

  や〜っと遠くに、それらしきアンテナ郡が。
 
  おぉ〜〜〜、あれか!




0611_13.jpg

  到着しましたよ〜〜。

  超大型電波望遠鏡郡、VLA。
  広〜い大地に、点々と望遠鏡があるだけ。
  遠くからは大きさがイマイチわからなかった
  けれど、近寄ってびっくり。




0611_14.jpg

  わかるかな?

  望遠鏡の左下、通路上に私がいます。
  すんごいデッカイです。




0611_15.jpg

  望遠鏡郡はレールで移動可能。

  観測物だか方向によって、Y字型に動くそうです。
  動くと言っても、専用の車に乗せて運ぶから、
  そう簡単には移動できそうにないですが。




0611_16.jpg

  点検や修理の為の格納庫。

  裏から見えた時は大きなビルディングかと
  思ったら、中は空っぽでした。














posted by みさみさ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日目 ホワイトサンズ国定記念物

0611_01.jpg


昨日遅くに到着したホテル。

今回マイレージを消化する為に、航空券と殆どのホテルはマイレージで取りました。
マイレージで取れるホテルって、あんまりな安宿は無いみたいで、我が家にあるまじき豪華さ ぴかぴか(新しい)

ミニゴルフやプール・ジャグジーなんかの施設も充実しており、素泊まりするような所じゃありません。
『とっておきのホテル』何て、日本の雑誌に紹介されている記事が飾ってありました。

フロントでチェックアウト時に、「もうお発ちですか!」と驚かれ、夫は恥ずかしかったそうだ。
フロントの夜番、エドとももっと話したかったな。


さてさて、後ろ髪引かれながら向かうは、ホワイトサンズ国定記念物
石膏の結晶でできた真っ白な砂丘がどこまでも続く公園です。


0611_02.jpg

  山を下って1時間程で到着。

  遠くから見たら、まるで雪が積もっている
  みたいでした。




0611_03.jpg


  ビジターセンタはアドービ様式。

  真っ青な空に赤茶色の土壁が良く映えて
  まるでスペインに来たみたい。








そして・・・






0611_04.jpg


びっくり 目
砂丘を登ると、辺りは白・しろ・白! 視界に入るのは、蒼い空と白い砂丘だけ。
地球じゃないみたいです、まるで別世界。


0611_05.jpg

  石膏の砂だけあって、かなり粗い。

  温かくさらさらで、どんなに転がり回っても
  大丈夫。
  ちょっと払えば元通りです。

  寝っ転がっていると、どこからともなく現れ
  素肌にむらがる赤いアリがちょと不気味ですが、
  特に刺したりはしないみたい。




0611_06.jpg

  途中には屋根つきのピクニックエリアあり。

  BBQグリルも付いていますが・・・。
  真夏の灼熱地獄で、果たしてここで炭を起こす
  勇気があるだろうか。




0611_07.jpg


  除雪車ならぬ、除砂車。

  風で道路がすぐ埋もれてしまうので、
  ひっきりなしに砂をかき分けています。




0611_08.jpg

  砂丘で生き残れる、数少ない植物
  Yucca(ヤッカ)。

  天然のステロイドを含む植物だそうです。
  副作用が有名な薬ですが、ヤッカから抽出された
  薬の実験では、副作用が全く無かったとか。




0611_09.jpg


  芝桜みたいな可愛い花。
  Centaury(ベニバナセンブリ)だそうです。

  自然に咲いているだけなのに、
  アレンジメント・フラワーみたい。




0611_10.jpg

  この、失敗したズラみたいなのは・・・。
  何だけ。

  斜め読みした説明版によると、強力な根で
  砂を巻き込み、絶えず形を変える砂丘の
  環境で生き延びるそうです。





ここで生息する、ウサギ・ねずみ・とかげ等は、保護色で真っ白だそうです。
本物を見かける事が無かったので残念でしたが、温かい砂を充分に満喫してきました。










posted by みさみさ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

1日目 カールスバッド国立公園

今日から6日間、テキサス・ニューメキシコ・アリゾナを巡る旅。
国立公園をポイントに、ぐるーっと一周します。

ニューメキシコは初めて!
これで行った事が無い州は、オレゴン・デラウェア・ウェストバージニアのみとなります。


テキサスのエルパソ国際空港へ着いたら、早速レンタカーを借りて出発 車(セダン)

0610_01.jpg 0610_02.jpg




まずは空港から30分足らずの国境へ。
エルパソはニューメキシコ州とメキシコの境にあって、こんな風に陸続きで、メキシコへ入国できます。

0610_03.jpg 0610_04.jpg




写真を撮ったらさっさと次の目的地へ・・・のはずが。
ここで一時停止を怠った為、切符を切られて1時間弱ロスタイム もうやだ〜(悲しい顔)
旅の始めに気合を入れてもらったと思って、気を引き締めて参りましょう exclamation


そして、こ〜んな殺風景な道路を走る事、2時間半。

0610_05.jpg 


0610_06.jpg
 

0610_07.jpg 



0610_08.jpg

  カールスバッド国立公園に到着。

  アメリカ最大級の洞窟から、夕方一斉に飛び立つ
  こうもりを見られる事で有名な国立公園です。

  1995年には、世界遺産にも登録されました。




0610_09.jpg

  いざ!洞窟へ出発〜〜 手(グー)

  入口付近は、つばめみたいな鳥が沢山飛び
  回っており、正直、糞くさい・・・ たらーっ(汗)





幸い、糞くささは入口付近のみでした。

ここから3時間以上洞窟内を歩き回り、夫も私も写真を沢山撮ったのに、やっぱり暗い場所は難しい ふらふら
フラッシュは遠くて殆ど役に立たないし、固定したつもりでも、フラッシュ無しだとブレちゃったのが殆ど。
しかも鍾乳洞写真って、おどろおどろしい、と言うか、きれいに撮れていてもグロテスクな感じは否めず。


と、言う事で、取りあえず良く撮れた2枚のみご紹介。

0610_11.jpg 0610_12.jpg



右の鍾乳洞は、ドールハウス(人形の家)何て名前が付いていましたが、あんまりメルヘンなイメージ
じゃないなぁ。

私は途中でお腹が空いちゃって、地下のカフェでサンドイッチとフルーツサラダを食べるまでは、
どの鍾乳石も巨大なシナボンにしか見えなくなった。
何たる煩悩の固まりだろうか バッド(下向き矢印)


0610_14.jpg
  そう、国立公園なのに、鍾乳洞内にカフェと
  お土産屋さんがあります。
 
  出来合いのサンドイッチやパックのサラダしか
  ありませんが、あったかいスープとかもあれば
  いいのにね。





洞窟を出た後は、日没までビジターセンタ内で時間潰し。
ビデオを見たり、お土産を見たりして過ごしました。


0610_13.jpg

  こうもり鑑賞会場(?)

  先ほどの入口手前に、こうもりの飛行を
  鑑賞する客席があります。
  
  飛行中は一切撮影禁止の為、昼間の写真を。





夕闇の頃、一斉に飛び立つこうもりを無事鑑賞。
こうもりって、洞窟を出た直後はらせん状の旋回をしばらく繰り返し、おもむろに夜空に飛び立って行くものなんですね。
ある意味、写真撮影に追われる事無く、じっくり静かに鑑賞できて良かったです。








posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

スペースシャトル・アトランティス(STS-132)

人生で2回目のスペースシャトル打ち上げ見学。
前回は4回も出直す羽目になりましたが、今回は予定通り飛んでくれました。

今回を入れて、スペースシャトル打ち上げはあと3回。
維持や飛行に莫大な費用がかかるらしく、この3回以降は無人の探査機や人工衛星以外は、
しばらく飛ばす予定がないそうです。


5月14日 午後2時10分。
まずは大き目の写真で打ち上げ直後を。

0514_01a.JPG




続いて連続撮影。

0514_02.JPG


0514_03.JPG

0514_04.JPG






0514_05.JPG



  こちらはアップで。








0514_06.JPG




   大気圏を抜けちゃった後。









本当にあっという間。
大気圏を抜けちゃうまで、多分数秒〜数十秒だったと思う。

私は、肉眼で見つつカメラに収めるのに必死。
夫は、ビデオ撮影で必死。

今回改めて見て思い出した事は、音は後から聞こえるって事。
前回は基地内のチケットが取れたので、もうちょっと近くで見学できたし、音も2〜3秒の遅れだったと思いますが、今回は基地外の対岸でちょっと距離があったので、随分音が遅れた感じがします。

スポーンと、無音で、でっかいロケット花火が空に吸い込まれて。
かなり上に上がってから、『ゴゴゴゴ・・・・・』って、音が追いかけてきて。
入道雲みたいな、ものすごいロケット雲が沸き立って。
やっと我に返った他の観客達の声援を耳にしつつ、やっぱり鳥肌バリバリ。

あぁ、良い思い出がまた増えた。
2日間、風呂にも入れず頑張った甲斐がありました。











posted by みさみさ at 00:00| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

フロリダ 〜エバーグレーズ国立公園へ〜

ふと思い立ち、旅立ってしまいました。

往復含め3日間という多少強行ですが、フロリダ最南端を目指して出発。

今回目指すは、エバーグレーズ国立公園
車中のガイドブックより、ユネスコ世界遺産に認定されていると知りました。

のん気に出発したは良いが、宿泊地やどこまで行けるかも把握しないまま。

「行ける所まで行っちゃえ!!」

と、頑張った結果が以下のドライブマップです。


100121_map.gif





公園の敷地ギリギリ位まで行けば翌日が楽になると考え、ネープルズ(Naples)宿泊。
総走行距離、646マイル(1040キロ)車(RV)
途中アンティークショップ2軒に立ち寄り、かかった時間は12時間の長旅でございました・・・。

明日はさらに3時間走って、公園最南端のフラミンゴビジターセンターを目指します。














posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

3日目 グレイシャー国立公園

午前10時、無事イーストグレイシャーパーク駅に到着。


0921-01.jpg

  雲ひとつない青空。
  お天気が良くて気持ちよい!

  でも寒いです〜〜。





0921-02.jpg

 これから23日までお世話になるペンション。
 帰りの電車を考えて、駅近にしました。
 
 レンタカーも駅前で借りられたので、
 あっという間に観光に出発 車(セダン)




先ずは、セント・メリーのビジターセンターで情報収集したのですが、そこで衝撃的な情報をキャッチ どんっ(衝撃)

何とシーズンオフの工事中で、グレイシャーの中心を通り絶景の宝庫でもある、『ゴーイングトゥーザサンロード』が真ん中辺りで通行止めとな!exclamation×2

地図ピンク部分です。パーク全様の地図はこちら

0921map2.gif


シーズンオフって、空いているしホテルその他も安いんだけれど、こういう落とし穴が結構ある ふらふら

思えば、前にイエローストーンに行った時もシーズンオフ。
その時も、唯一イエローストーンとグランドティトンを繋ぐサウスエントランスが通行止め。
それでもどうしても行きたくて、西側から州越えまでして大外回りで行った事があります。

今回も、パークの真ん中を通る唯一の道路で、東側と西側の見所を繋ぐ大切な道路なのに・・たらーっ(汗)

仕方なく、1日目は東側。
2日目は北上してカナダ側。時間があれば、ぐわ〜〜っと南下と言うかほぼ公園を4分の3周して、西側を周る事にしました。


0921-03.jpg

  グレイシャー国立公園の全様。
  
  ビジターセンターにあった模型です。
  アムトラックは、手前の山の麓を
  通っております。

  全米でも唯一の、電車で行ける国立公園
  なのです。





さてさて、先ずはセント・メリー湖周辺の景色。

0921-04.jpg 0921-05.jpg

0921-06.jpg 0921-07.jpg


トレイルに下りて、セント・メリー滝も観てきました。

0921-08.jpg 0921-09.jpg


ローガンパス周辺。
右はクレメンツマウンテン、左は・・・なんだっけ?

0921-10.jpg 0921-11.jpg


0921-12.jpg

 ワイルドライフにも、もちろん遭遇。

 写真は拡大しています、実際は
 けっこう離れた所から撮影。

 中位の熊さんでした。





メリーグレイシャーのトレイルで、ムースに遭遇!
トレイルの真ん中だし、結構大きくて怖いので、居なくなるまで暫く待ちました。

0921-13.jpg 0921-14.jpg


0921-15.jpg

  時期的にあんまり花が無かったけれど、
  白くて可愛い実(花?)を発見。

  これ、何でしょう?





本当にお天気に恵まれて、素晴らしい夕日も堪能。

0921-16.jpg 0921-17.jpg


どこもかしこも素晴らしい景色の宝庫で、澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んで、呼気と共に鳥肌が立つ程の感動を何度も味わいました。
1日でこんなに何度も一生ものの景色を見ちゃうのがもったいないと思った位。

地球はやっぱり美しいです ぴかぴか(新しい) 生きていて良かった。









さて、本日の夕食は・・・
posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

2日目 シアトル

本日はシアトル観光。

夕方にはアムトラックへ乗車するので、朝早くから出発しました。



0920-01.jpg
  昨日は駅からバスを乗り継ぎましたが、
  今日は電車。
  Link Light Railに乗り換えて街の中心地へ。
 
  7月にここまで開通したばかりですが未だ
  工事中との事。
  空港まで繋がるのは12月予定とのことです。
  
  私達が乗ったTukwila駅は高架になっていて、
  路面電車だけれどモノレールみたいでした 電車






0920-02.jpg

街の中心地が見えてきました!

手前にSafeco Field も見えます 野球

一旦街は通り越して、北にあるスペースニードルへ。






0920-03.jpg

  おぉ〜 目
  これがスペースニードルか!!

  実際は、まぁ普通の塔だな・・・
  という印象ですが。

  塔の周りは、ちょっとした遊園地みたいに
  なっております。
 
  では、早速展望台へ。





展望台からの景色

0920-04.jpg 0920-05.jpg


360℃の眺望を堪能して、お土産にマグネットやら絵葉書を買いました。
ここから街へ戻って、海側へ向かいます。


0920-06.jpg

 シアトルと言えばコーヒー!?

 良く知らないけれど、シアトルコーヒーって
 耳にするじゃないですか。

 今回の旅行用に電気ポットを買ったのですが
 パーコレーターも付いていたので、旅行中用
 に豆を購入。





0920-07.jpg

  さらに海側へ。

  コーヒーショップからさらに坂を下って、
  総合市場のパイク・プレイス・マーケット
  到着しました。





0920-08.jpg

 唐辛子屋さん。

 食用?装飾用??
 最初は中国の爆竹屋さんかと思った。
 
 一応果物なんかも売っているらしい。





0920-09.jpg
  スターバックス1号店 喫茶店

  思ったより小さな店舗でびっくりしました。
  外まで行列でしたが、日本人のお客さんも
  多かった。

  店員に日本人の可愛い女性がいらしたので、
  夫は鼻の下を伸ばしながら写真を撮ってもら
  っていました カメラ





0920-10.jpg

 市場の中の花屋さん。

 とても綺麗だったので思わず撮影。
 




アトランタの南にある総合市場も行ってみましたけれど、シアトルとは新鮮さが段違い!
花も野菜も果物も魚も、種類豊富で新鮮そのもの。そして安い。

「ここなら、アトランタより食生活は充実させられるな〜〜いいな〜〜。」

と、ちょっと羨ましくなりました。

我が家はアムトラックで食べようと、マンゴーと白桃を買ったのですが、お店のお兄ちゃん、

「すぐに食べる?少し置く?」

と、聞いてくれて、すぐ食べる用に選んでくれました。
で、電車で食べてみたら、熟れ具合が丁度良くて、ものすご〜〜く美味しかった!!

南米産の果物は、アトランタの方が近いはずなのに、何で負けているんでしょう たらーっ(汗)


0920-11.jpg
  さらに海沿いまで下る。
 
  お土産屋さんや海に張り出したレストラン
  なんかがずら〜り プレゼントレストラン

  こんな凝った看板(オブジェ?)も多くて
  散策も楽しいです。





友人お勧めの、Ivar's !シーフードで有名だそうです。

0920-12.jpg 0920-13.jpg


着席して食べられるレストランもあるみたいですが、私達は持ち帰りにするつもりだったので、
ファーストフードみたいに外のカウンターで注文する方の店舗へ。

メインは白身魚のフライと、クラムチャウダー。
クラムチャウダーは3種類あって、お馴染みのホワイト、トマトベースのレッド、ピンクがかったサーモンクリームから選びます。

本当は熱々を食べたかったんだけれど、タイムリミットが近付いているので、慌てて駅方向へ戻る事に。



0920-14.jpg

 ここで今回の旅行最初のスタンプ集め。
 
 全米でも唯一(らしい)建物内にある国立公園。
 クロンダイク・ゴールドラッシュ国立史跡公園へ。

 時間無くて館内をゆっくり周れなかったのが残念。





この後、また昨日の宇和島屋で道中の食料を大量購入し、無事アムトラックへ乗車しました。

行ってみたらけっこう時間ギリギリで、乗車前の記念写真が撮れなかったのですが、グレイシャーで途中下車した後もシカゴまで乗るしね。

夕方5時頃に出発して、グレイシャー国立公園に到着するのは、翌朝9時頃の予定です。



0920-15.jpg

  車中にて、さっき買った魚のフライ。

  すっかり冷め切っていたけれど、絶品でした!

  やっぱり暖かい状態で食べたかったなぁ。





夕食は、魚のフライと宇和島屋のお寿司。
車中で疲れた体を休めて、明日のグレイシャーに備えます!







posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

1日目 シアトル

14日間の旅行記、1日目。
帰ってきてから結構時間が経ってしまったので、最初の頃の出来事は記憶が薄くなっていますが・・・。

まずはシアトル入りから、夕方のナイター観戦までの写真。


0919-01.jpg
 上空より。

 天気はちょっと曇りぎみ。
 夕方にマリナーズVSヤンキースを観戦する
 Safeco Fieldが見えたので思わず撮影。
 慌てて撮ったので、ちょっと切れちゃいましたが あせあせ(飛び散る汗)

 隣はフットボールやコンサート等、様々なイベント
 が行われるQwest Field

 



時間通りに無事到着。

ホテルまでのシャトル乗り場を探すのにちょっと手間取りましたが、空港備え付けの直通電話で迎えに来てもらえました。
チェックインを済ませる頃には、青空が。


0919-02.jpg
 荷物を置いて、まずは球場の下見に。

 ホテルから3ブロック歩くと駅があると言われ、
 向かう途中に小さいコーヒースタンド発見 喫茶店

 ドライブスルー専門の、『Sexy Coffee』だって。
 さすが、コーヒーの街(?)シアトル。

 空港関係者は、割引ありだそうです。





街の地図も交通手段も、殆ど予備知識を仕入れないまま取りあえずホテルを出てしまったのですが、
3ブロックって結構遠いなぁ・・・と思っていたらバス停発見 バス

丁度バスが来たので、「ダウンタウンへ行きたいんだけど。」と運転手に聞いたら、このバスで駅まで行って、そこから乗り換えろって。

バスはお釣りが出ないのをすっかり忘れて$5入れちゃったので、お金を少し足して1日乗り放題の周遊券を購入。
片道料金は、一人$1.75だったかな?
どうせ帰りも使うし、往復なら周遊券がお得です。

終点のTukwila Internatiional Blvd駅でバスを乗り換えてダウンタウン方向へ。
途中、飛行機のボーイング社工場横を通過しました。
後で調べてみたら、工場見学ツアーもあるみたいです。
時間があれば工場見学もしたかったけれど、今回は予定に無かったし、夕方までしか時間が無いので断念。



0919-03.jpg

 まずは明日Amtrakに乗る、King Street Station へ。

 とても古い建物で、歴史がありそう。
 ここはどうやら、Amtrak 専用の駅みたい。
 
 普通の電車は、隣のUnion Station から
 利用できます。





0919-04.jpg

 駅の周辺より。

 曇り空になっちゃったのがちょっと残念ですが、
 空気は澄んでいたので、ビルの上の方までクリア
 に見えました。

 湿度もアトランタより低くて、街中なのに空気が
 清々しい感じでした。





0919-05.jpg
 駅を見下ろしたら、Amtrakが!

 1日の発着数は少ないのですが、明日乗る時間帯に
 偶然下見したので見られました。

 2階建てで豪華〜〜 ぴかぴか(新しい)
 人気の路線なので、車両もそれなりにデラックス
 なんだな。

 明日が楽しみ るんるん





0919-06.jpg

 予約したチケットを発券してもらおうと、
 駅に入ってみました。

 大理石の柱や木製ベンチが何とも良い感じ。

 DCやシカゴ等、主要都市の中心にある駅は
 みんなこんな感じで雰囲気が良くて好きです 揺れるハート





明日の出発は夕方。
ホテルをチェックアウト後も、乗客は発車まで無料で駅に荷物を預けられるので安心しました。
チケットも空いている時間帯に発券してもらえたし、下見する時間があって良かった。

後は、日系スーパー宇和島屋でお弁当でも買って、球場に向かいます。








posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

[South Dakota]1日目

北米の有名な観光所はあらかた押さえた我が家ですが、今回はマイナー旅行を企画しました。

夫は旅行後同僚に、

「サウスダコタとノースダコタに行ってきた。」

と言ったら、

「それ、どこの州にあるの?」

って言われたそうな。
あのぉ、それが州の名前なんですけれど・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも、アメリカを代表する大統領の彫刻がある『マウントラッシュモア』や、映画『未知との遭遇』の撮影に使われた『デビルスタワー』がちゃんとあるので、マイナーなんて言ったら失礼か。


060916-01.jpg

 ユタ州のソルトレイクシティーで乗り継いで、
 サウスダコタのラピッドシティーへ到着。

 今回の旅の友、シボレー・インパラちゃん。
 セダンは久しぶりだ〜〜 車(セダン)

 5日間よろしく頼むよ。



060916-02.jpg 060916-03.jpg
空港の看板、簡素・・いやいや、すっきりしています。 空港出てすぐ。何もない・・。




060916-04.jpg

空港から1時間半弱で、Wind Caveの入口に到着。

カスター州立公園内を通ってきたのでかなり
ゆっくりペースでしたが、案外近かった。
と安心していたら・・・・。



060916-05.jpg
 ちょっとちょっと!通行止めって何よ!!

 ここを通れないとなると、また長い道のりを
 戻って公園の外を大回りしなくちゃならない。
 そんな時間ないよぉ・・・ たらーっ(汗)

 と、しばし呆然。こんなのありexclamation&question



060916-06.jpg
と、その時。

看板の前で立ちすくむ私達の前を、何かが通り抜けた。

ねずみ? もぐら??

君はもしかして・・・・・。




060916-07.jpg
 きゃ〜〜、プレーリードックだ!

 すごい、もう会えちゃった。
 よく見渡せば、あちこちにモグラの巣穴みたいな
 穴があいており、あっちにもこっちにも、沢山の
 プレーリードックがいる。

 チチッ、チチッ、って盛んに鳴いて合図を送って
 います。
 この目でとうとう見たぞ ( ;∀;) カンドーシタ

 あんまり可愛いので沢山写真載せちゃいますハートたち(複数ハート)



060916-08.jpg 060916-09.jpg
口あけて鳴いている (≧∇≦)b             も〜〜この手がかわいいよぉう (*゚∀゚*)



動画も撮ったんですが、後から見たら風切り音がすごいの。
私のデジカメはあまりズームも無いので、プレーリードックと地面が同化しちゃって、観てもよくわからない・・・ ・゚・(つД`)・゚・
あのかわいい声だけでも、是非お聞かせしたかった。

と、しばしの間夫も私も夢中でシャッターを切っていたが、通行止めの問題は解決した訳ではない。
感動ひとしおの後、どうするよ・・・・としばし考えた結果・・・。




060916-10.jpg

「おりゃ〜〜〜 どんっ(衝撃)

こうなったら、農道をゴーゴーだ!!

引き返すなんて、冗談じゃないわい。
ナビがあるのを良いことに、砂利道をひた走る。





060916-11.jpg ちゃんと着いたんだけれど・・・。

 砂利道の運転で緊張したのと、昨夜の寝不足が
 祟ったのか、夫ダウン (´-ω-`)

 洞窟ツアーどころの騒ぎでは無くなったので
 ビジターセンタだけ寄って、次の目的地へ。
 駐車場には、ニューヨークとかオハイオとか、
 色んな所のナンバーがずらり。
 やっぱり観光地なのねぇ。

 運転はここで私に交代。




もう1つの洞窟、Jewel Caveに着いても夫の体調は回復せず。
途中の注意書きを見たら、中は何と9℃! (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

060916-12.jpg 060916-13.jpg

こんなに寒いと思っていなかったので、私も夫も真冬のコートなんて持って来ていないんです。
皆スキーウェアみたいなコート着ているのに、私達はパーカーに雨具用のウィンドブレイカー。
これ以上具合が悪くなっても困るので、ここも外からのみ見学でした。


060916-14.jpg

クレイジーホースの石像。

最初の製作者が亡くなっちゃって、未だ未完成。
作業は子孫が引き継いでいるそうです。

暗雲たれこめちゃって、あんまり天気良くなかった。




060916-15.jpg
 午後4時半、マウントラッシュモア到着。

 「おぉ〜〜テレビで見たまんまだ!」
 思ったより小さいなと言うのが正直な感想。
 ストーンマウンテンのを見慣れているから?

 それでも、他の国立・国定公園に比べると
 施設が充実していました。
 彫刻だけで何も無いと言えば無いんですが。




060916-16.jpg
左から、
ジョージ・ワシントン
トーマス・ジェファソン
セオドア・ルーズベルト
エイブラハム・リンカーン

ワシントンは襟まで掘り込んであります。




060916-17.jpg
 カフェテリアより。

 まだ6時過ぎだったんですが、これから北上する
 ので、ここで早めの夕食。
 空いていたので、こんないい席が取れました。

 右手は私のバッファローシチュー。
 確かにワイルドな味ですが、獣臭さはそんなに
 感じなかった。
 パンプキンパイも、変な香料がきつくなくて、
 今まで食べた中で一番美味しかったかも。




この彫刻を手がけたボーグラムは、ワシントンDCのリンカーンの彫刻や、何とアトランタのストーンマウンテンの彫刻にも、当初係っていた人でした!
ストーンマウンテンの時は、残念ながら途中で別の彫刻家に交代したそうですが、こんな繋がりがあったとは。

夕方だったし、天気もあまり良くなかったので、また最終日に来てみることにしました。
ノースダコタ入りは明日の予定でしたが・・・・。

この後のミニ事件と旅の詳細が気になる方は、下の☆をポチッとしてみてください。











posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

2回目のキャンプ 2日目

前回と違い夜は暑い位でしたが、枕を忘れてしまって腰が痛い・・・ふらふら
そして顔を下にして寝ていたようで、起きたら目がパンパンに腫れてしまった。
寝ぼけ眼で、熱いシャワーを浴びに行ったら何とか戻りました。

060820-01.jpg
 朝のテーブル。

 葉っぱが良い具合に乗っていました。
 写真だとアップになっちゃったけれど、
 自然の中で見たら、何か良い感じだった。




朝食準備前に、ちょっと辺りをお散歩。
まずはサイトの南側、突き当たりになっている方まで行ってみました。
後学の為に、他のサイトの様子や、キャンパー達も見てこよう。

060820-01a.jpg

こちらは多分、少人数用のサイト。

川沿いにあるので気持ち良さそうですが、
夜は、川のせせらぎが気になるかも。

でも、2人ならこの位で十分だね。




060820-02.jpg 
 右斜め前が、我らがサイト。

 この辺りでは珍しく、車止め+BBQエリア
 と別に、テントを張る場所がありました。

 一段下がったテント用サイトのが、S家。
 手前の青いのが我が家のです。

 両家ともSUVの大きな車なんですけれど、
 ものすごく余裕のあるサイトでした。
 広々していて、すごく良かったです。 るんるん



私達のサイトを越えて、さらに北上してみました。

060820-03.jpg
素敵なキャンピングカー ぴかぴか(新しい)

圧倒的に、テントよりキャンピングカー
が多かった。
皆さん、お金持ちなのかと思っていたら、
小さいキャンピングカーなら50万位だそう。

こういう環境でカバードパーキングが
自宅にあるなら、私達だって買うよ。
でもこの人達のは、ちょっとゴージャス
だったよ。




060820-04.jpg
 何でパイロンが?
 と思っていたら、何とボランティア用。

 どういう仕組みかよくわかりませんが、
 サイトの管理をするのは、パークレンジャー
 じゃなくて、ボランティアなのかな?

 テーブルにあずまやがあったりして、
 ちょっと他のサイトより豪華でした。




060820-05.jpg
 橋の手前にデラックスバスが。 バス

 ひょっとして日本のアパートより
 間取りは広いんじゃないの?

 一度展示品を見た事がありますが、
 中に入ってしまうと、普通の家より
 ゴージャスだったりする。

 キャンプの醍醐味という点では薄れるかも
 しれないけれど、一回体験したい。




060820-06.jpg
 橋の途中にタイムカプセルがありました。

 2000年の独立記念日に埋められて、2050年
 の独立記念日に開封されるそうです。

 タイムカプセルやってみたいなぁ。




060820-07.jpg
 朝靄の中、空気が美味しくて気持ちよい。

 さらに北は、サイトを抜けてパブリックエリア
 になります。
 この先右手がビジターセンターで、その先は
 湖みたいになっており、遊泳場もあります。
 子供には天国だね。

 コテージに泊まる場合は、この湖沿いに
 なります。






+++++++のんびり散歩の後は、朝食タイム。+++++++



060820-08.jpg
 S家のガスコンロをお借りして、
 フレンチトースト。

 前回は翌朝雨になってしまい、
 あえなく料理を断念したので、
 やっと念願が叶いました ヽ(´∀`)ノ

 Lodgeのフライパンで作ると、
 何だか美味しそうに見えるでしょ?




「熱いうちが美味しいから!」

と、焼き上がった順に食べ始め、ばたばたと朝食になってしまったので、写真を撮り忘れた・・・。
Hさんがおにぎりを沢山握ってきてくださったので、朝食の分もたっぷりありました。 /■\

そして注目の商品が登場!
1人用のドリッパーで、本格的なレギュラーコーヒーを淹れてくれたのです 喫茶店

「こんなのあるんだ〜〜〜!!!」

と、感動の我が家に、

「あるんだよ〜〜〜 (  ̄ー ̄)*ぴかぴか(新しい)

と、余裕のS家。

いい物教えてもらった〜〜揺れるハート うちも絶対買う!

Hさんのコーヒーは、がつんと濃い味がして、やっぱりコーヒーはこうでなくっちゃ!
と、改めて実感いたしました。
外の美味しい空気の中だから、さらに美味しく感じるのよ v( ̄Д ̄)v
ともかく、このコーヒーの味は衝撃的だった。



+++++++楽しい朝食も終わり、テントの撤収タイム+++++++




060820-09.jpg
 中で一生懸命シュラフをたたむ私。

 夫が結構寝汗をかいていたので、
 まるめず汗を抜くようにしました。

 シュラフって、元の袋サイズにするの、
 結構大変だよね。

 エアマットは、電動空気入れに、空気
 抜き機能もついているので、思ったより
 あっと言う間にペッチャンコになりました。




ここでも我が家、S家にお助けいただくことに・・・(ノ´∀`*)
最初にペグを外しちゃったら、動いて大変だったり、交差している上のポールを先に外してしまい、
下のポールが邪魔して抜けなくなっちゃったり・・・アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

大騒ぎしてたらHさんがさっと飛んで来てくださり、(もちろん、S家のテントはとっくに撤収済み)
あっという間に小さくしてくれました。
Hさんカッコいい、惚れるぜ・・・ハートたち(複数ハート)

メッシュの窓はなるべくジッパーを開けて畳まないと、中の空気が抜けないそうです。
成る程、次回はそうします。 アリガト!(´▽`)



♪♪♪♪♪♪♪やっと撤収して、くつろぎタイム♪♪♪♪♪♪♪




060820-10.jpg
 「おはよ〜〜〜」

 今朝のB.B。

 朝からお散歩に連れて行ってもらって、
 元気一杯です。
 飼い主さん曰く、“快便だった”って。
 
 すっきりして、良かったね(笑)



Hさんの膝の上でくつろぐB.Bですが、急に何かに反応した!!

060820-11.jpg 060820-12.jpg

「あ!!リスだ!!」                    「・・・まぁいいや・・・」


060820-13.jpg
 その時夫は、木の撮影中。

 あんたもリスかい??

 新しい一眼のデジカメなのに、
 車の中で一晩越しちゃったら、
 朝レンズが曇っていたんだって・・・。
 
 ちょっと〜〜、カメラに湿気は大敵よ!
 またレンズの内側に、変なシミみたいなのが
 出るようになったらどうしよう・・・。




これにて、1泊2日のキャンプは終了!
ここでS家とは別れ、キャンプ場を後にしました。
S家には、大変お世話になったけれど、すごく楽しかったです♪
また是非一緒にキャンプしましょうね、と言うか、色々教えてください。

060820-14.jpg
 ビジターセンタ向かいの湖(?)

 ボートに乗ったり、泳いだり。
 湖の左手には、浅い小川があって、
 子供達はそこでも夢中になって遊んで
 いました。

 ここ、本当にゆったりしていて、
 アクティビティーも多くてお勧め。





さて、我が家が真っ直ぐ帰るわけが無く、もちろん途中のダーロネガに寄り道。

ところで、ダーロネガがアメリカのゴールドラッシュの発祥というのは知っていたのですが、
『ダーロネガ』という言葉が、チェロキー族の言葉で、『金』の意味だとは知らなかった・・・。
何度も通っているくせに、不覚でござった・・・。

060820-15.jpg
 まずはアンティークショップ。
 Dahlonegaには、アンティークーモール
 が2軒あるのです。

 さっそくOld Pyrexを発見。
 手前のレフ、なかなか状態良かったですよ。
 このシリーズは、ともかく色ハゲが多いので、
 ハゲや傷が無いのは貴重。
 
 こんな風に色でそろえてディスプレイ
 しているディーラーさんも多く、見た目も 
 楽しいです。
 



060820-16.jpg こちらはもう一軒のモールにて。

 フェントンの調味料セット!

 我が家はソルト&ペッパーを所有している
 のですが、トレー付きのセット売りは珍しい。
 
 単品だったら、シュガー&クリーマーや
 ソース入れは、良くみかけます。
 



ただしこのセット、シュガーポットに付いている透明のスプーンが無いので、正確なフルセットではありません。
しかも、スプーンの差込口がちょっと欠けているのに、90ドルは高いなぁ・・・。

もうちょっと説明させてもらうと、これはホブネイルと呼ばれるパターンです。
軍が昔使用していたブーツに打ってある“びょう”の状態に似ていることが元だそうです。
アンカーホッキング(FireKingシリーズの製造元)のムーンストーンシリーズにも、
この模様が使われています。



−−ここから下は、ミルクグラスの話なので、つまらなければ次の画像まで飛んじゃってください。−−



いわゆる『ジャンク』と呼ばれるFireKingやOld Pyrexは庶民的な製品だったことに対し、
フェントン社の製品は、当時から高価だったそうです。

その他当時から高級だったミルクグラスに、ジャネット社やマッキー社がありますが、私はこの2社が好き。

ウェストモーランド社も有名で、高級ミルクグラスがありますが、ミルクホワイトが何と言うか、
べったり白すぎて、あんまり好きになれないのです。

フェントンとアンカーホッキングは、現在も存続していますが、ジャネット社とマッキー社は、
1961年にジャネットがマッキーを傘下に加えた後、1983年に閉鎖しました。
ジェダイはもちろん、デルファイトブルーなんかも、この2社のは他を追従しない美しさがあります。

ご興味のある方は、“Jeannette”“McKee”をキーワードに調べてみてください。
FireKingやPyrexとは“高級”という意味で、一線を隔した製品です。
まぁ、私はもっぱら『ジャンク』の収集家ですが。


060820-17.jpg
 さ、ツマンナイ講釈はこの位にしてアイス!

 ダーロネガに来た時は必ず寄る、
 Connie's ICECREAM PARLOR
 ここのアイスクリームは、
 MayFieldのアイスを使用しています。

 ポニーテールのおばちゃんに当たると、
 いつもたっぷり入れてくれます。




060820-18.jpg
 お店の外観。
 街の中心にある、ミュージアムの前より。
 
 いつもは、店の前か中のベンチで食べる
 のですが、今日は混んでいるし、日差しも
 強いので、ここの木陰で食べました。

 素敵な旧車も、ここには沢山集まります。
 バイクのメッカでもあるんですよ。




実は、2軒目のアンティークショップで、S家とばったり遭遇!
最近アンティーク巡りを一緒にしているHさんも、さっそく興味を持ってくれたみたいで、アンティークモールに寄っていたのでした るんるん
紹介した甲斐があるってもんです。

この後、キャンプ用品に目覚めた私達は、アウトドアを扱う店を4軒もはしごし、最後にHマートで食料品を買って帰って来ました。
夕食食べたの、夜の10時過ぎ・・・。
毎度のことですが、充実した良い週末でした。








posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

2回目のキャンプ

今週末はキャンプ!
Hさんよりお誘いいただきまして、今回はS家と我が家の合同キャンプです。
合同とは言え、あちらはベテラン、私達は2度目の初心者なので、これを機に、色々ご指導お願いいたします (>Д<)\


       まずはルートマップ

      060819.gif

我が家からは、I-400を北上して、ほぼ直線で行けます。
現在400が工事中なので、ちょっと混雑しましたが、約1時間半の距離でした。

1泊2日のキャンプなら、丁度良い距離です。

060819-01.jpg
 お昼過ぎに到着〜〜〜 モータースポーツ
 Vogel State Park
 
 寝不足のせいか、ワインディングロードを
 楽しむバイク族に、久々にやる気を出した
 夫のせいか (←もう若くないんだから・・)
 
 何かちょっと酔った ( ´Д`)キモッ 
 



到着したら、携帯で連絡取る事になっていたのに、何と圏外・・・携帯電話

「Hさん達、もう着いたかなぁ〜〜。とりあえずビジターセンターに行ってみる?」

と、ビジターセンタ前に差し掛かったら、何とまさにS家の車がビジターセンタを出る所!

「よっしゃ〜〜!!見失ったらサイトがわからなくなるから、急いで追いかけろ〜〜」

後ろから一生懸命合図しているのに、サイトに停まるまで気が付かなかったんだって。
ともかく、タイミングよく会えて良かったねぇ。


060819-02.jpg
まずはテントを設営しなければ!

飼い主が頑張っている間、のんきな
B.Bちゃんを撮っていたら、
  
「あんた達も見てないで、さっさと建てなさい!」

って感じの目線を頂きました。

・・・はぁ〜〜い (´-ω-`)



060819-03.jpg

 我らがサイトは53番。
 詳細地図はこちらをご覧下さい。

 S家はあっという間に建てちゃった!
 すごい・・・さすがプロ。
 我が家も、そうとう遅れて何とか完成。

 後ろに見えているのが、S家のテント。




060819-04.jpg
設営も終わり、夕食前ののんびりタイム。

S家は読書したかったみたいなのに、
ついつい話が尽きなくて、結局ず〜っと
話していました。
ちっとものんびりできなくて、すいません。

B.Bちゃん、逃げられないように(?)
Hさんの足の上に乗っけた足がかわいい。
男の子なのに、横座りしているのね わーい(嬉しい顔)
 



060819-05.jpg そろそろ夕食準備。

 張り切ってチャコールスターターで
 火を起こしたはいいが、炭が足りない・・・。
 もっと入っていると思ったのになぁ。

 夫は、使い捨ての網を忘れるという、致命的
 なミスを犯す。
 S家が一生懸命、グリルにアルミホイル
 を巻いてくれました・・・。

 重ね重ね、すいません・・・m( __ __ )m




060819-06.jpg
 我が家は炭火で。

 タンドリーチキンと、鮭のホイル焼き。
 両方とも、家で準備して、後は焼くだけ
 なので、簡単メニューにしました。

 レシピはもちろん、インターネットさ。
 ホイル焼きは、適当にやっちゃったけど。




060819-07.jpg S家はガスコンロで、バジルのパスタ♪
 
 Harry'sのサラダバーのバジルペーストを
 アレンジするそうです。
 Hさんの料理は本当に美味しいのです。
 
 キャンプでは、旦那さんがパスタ担当。
 ちゃ〜〜んと生のパスタをもっていらして
 ましたよ。
 
 さすが! 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ




060819-08.jpg
 それから、S家のハムステーキ。

 網が無くてゴメン・・・。
 でも炭火であぶったハムって、
 美味しいよねぇ。




060819-09.jpg 完成〜〜〜 るんるん

 炭とスペースが足りず、スープはS家の
 コンロを借りました。
 それ以外も、
 「あ!あれ忘れた!!」
 って、慌てていると、
 「あるよ」
 って、すっと出てくる。

 経験のなせるワザですね。




パスタ美味しかった〜〜。
我が家が火を起こしたり、網を忘れたり、何だかんだで時間がかかってしまったのですが、
パスタってすぐできるし、美味しいし(それは腕によるか)いいよね!
私達も、随分時間がかからないように、工夫したつもりだったけれど、まだまだ・・・。

炭がもっと豊富にあれば、もっと近火にできたんだけれど、我らのBBQコンロ、
網の位置が固定なの 。・゚・(ノД`)・゚・。

遠火になっちゃったので、中々チキンに火が通らず、焦った焦った あせあせ(飛び散る汗) 

でも、アウトドアクッキングって、夫婦2人でやるより、断然大人数の方が楽しい。
2人だと、なんかし〜〜んとしちゃって、ツマンナイのよね。

Hさんは、何種類ものおにぎりを握ってきてくださって、本当に豪華な夕食になりました。
ご飯にベーコンと卵が混ざっていたり、普通の梅とか、鮭とかのおにぎりじゃないの。
タラコはタラコでも、他に混ぜ込んであったりして、白いご飯が多い単調な味でないのがいい。
もう美味しくって、夢中で頂きました。

060819-10.jpg
 夜更けのB.B。

 フラッシュたかずに撮ったら、
 何か渋い写真になりました。

 キャンプ場の規定で、リーシュを
 外せなくて、B.B自由に走れず、
 ちょっとかわいそうだった。
 
 でも、いい子に大人しくしてました。




夕食後は、夜10時過ぎまで、また話に花が咲き・・・かわいい
自然の中で、本当にくつろいだ、いい時間でした。
H家のおかげで、数々のピンチも脱し、感謝感謝です。
忘れないうちに、次回忘れずもってくるもの、メモにしなくっちゃ。










posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

[Florida] 最終日はClearwater Beach

今日は帰る日。
“当初の予定”では(何かこればっか・・・( - _ - ))西の海岸にある、Clearwater Beachに寄って、そのまま北上して帰るつもりでした。
こちらが、当初予定していたルートマップ。

060719.gif

でもやっぱり寄り道。
ハードロックカフェが側にあるらしいので、そのモールに寄ることと、ペニーコレクションのアルバムが、あと2枚で全て埋まるので、ペニーマシンを探しに、ダウンタウンディズニーにちょっと寄ることにしました。

ディズニーワールドには、ペニーを潰して、記念コインとするペニーマシンが沢山あって、あっという間にすごい枚数になりました。
専用のコレクションブックも売っていたので、途中でそれを購入したのが運のつき。
専用ブックを手に入れたからには、ブックに隙間無くペニーを収納しないと収まらないのがコレクター魂 ( ̄ー+ ̄)ぴかぴか(新しい)


060719-01.jpg 帰り道の途中。 
 こんな面白い看板塔がありました。
 このエレベーター、グラグラ動くんですよ。

 新婚旅行で来た時には、

 「多分もう二度と来る事はないだろうな・・」

 と言う気持ちで、WDWを後にしましたけれど、
 その数年後にまさかのアメリカ赴任。
 それからちゃっかり2回も来ちゃったし。

 本当に人生って、何があるかわからないもんだ。



060719-02.jpg
 ダウンタウンディズニー到着。

 今回は、シルクドソレイユと全く逆側の、
 ショップが沢山あるエリアに駐車。
 
 朝早いせいか、人はまばらです。

 ついでに、お土産とか見ちゃおっかな〜〜 るんるん



ところが、エリアに入って愕然!
殆どのお店が、10時半以降にオープン Σ(゚д゚lll)ガーン

そりゃそうよねぇ・・・朝っぱらから、こんな所に来る人いないか。
皆パークの方で遊んでいる時間だもんね。
せっかくの早起きが台無しですが、仕方なく、辺りを一周してみることにしました。

060719-03.jpg
 昨日は夜の写真を載せましたが、
 朝の貯水塔も、中々じゃない?

 でも、個人的には、夜にブルーでライトアップされた
 方が好き。

 映画『バクダットカフェ』でも、印象的に登場している
 貯水塔ですが、アメリカでは本当に色んな所でよく見ます。
 キャッチコピーと一緒に、その街の名前がペイントされて
 いる事が多く、街のシンボルみたいになっているのも多い。
 
 
 “Gwinnett is Grate!"

 とかね。



060719-04.jpg
 こんな可愛いおもちゃ屋さんを発見!

 思わず中に入ると、正面にキャンディーバー
 みたいな塔が。

 近寄ってみたら、トイ・ストーリーのキャラクター、
 ミスターポテトヘッドでした。

 胴体と、目とか耳とかのパーツがばら売りで、
 帽子とか好きな小物をアレンジする仕組み。



060719-05.jpg
 LEGOの龍。

 新婚旅行の時にも、この前で写真撮った。
 でも、前回とはちょっと形が違う気がする。



川にディスプレイさらた龍を感心して眺めつつ、後ろを振り向いてびっくり!
大きなレゴの作品が、あちこちに展示してありました。
以下の写真は、我が妹、さっちゃんに捧げます。

060719-06.jpg 060719-07.jpg

等身大のレゴ家族。                     レゴ恐竜。

060719-08.jpg 060719-09.jpg  
レゴロボット。                        レゴ海の生き物(蟹が大きすぎないかい?)
  
060719-10.jpg
こちらは、建物に添ってディスプレイ
されていた、レゴの街。

これは中国みたいだけれど、NYとか、
オーストラリアとか、色んな都市があり
ました。



散策している間に、次々とお店がオープンしたので、それなりにお土産も買い、ペニーも無事に集まりました。
2個でいいのに、可愛い柄が多くて、けっきょくそれ以上作っちゃった。
ペニーではなく、クオーターを潰すコイン用のスペースがあるので、そっちに入れちゃおう。

それから、お誕生日のプレゼントも買っていただきました ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ



+++++お昼になっちゃった!急いでハードロックカフェに行かなくちゃ!+++++




060719-11.jpg
 本の広告だけ見て、さらっと来てみれば、
 何とそこはアウトレットだった・・・。

 どうりで、色んな都市のピンバッチが売って
 いる訳だ。
 ちょっと寂れたお土産屋さんって感じでした。



でもこのモールに、トルココーヒーの専門店があったのだ!
コーヒーは美味しいし、デニッシュとかも、ヨーロッパ仕立ての本格派。
思いがけず、リッチなお昼ごはんにありつけました 手(チョキ)



+++++++やっと本来の目的、クリアウォータービーチへ+++++++




060719-12.jpg
 ところが、天気が悪くなってきちゃった 雨

 なんだよ〜〜ビーチでちょっとお昼ねしてから、
 長い道のり頑張るつもりだったのに。
 
 何とか止んでくれないかなぁ。



060719-13.jpg
 ナビの画面でわかるかな?
 両サイドが海の道路を走行中です。
 
 天気が良ければ、とっても気持ち良い
 だろうに、こうなっちゃうと感動も
 半減です。



060719-14.jpg
 ビジターセンタに到着した時はには、
 もうかなりの強さの雨が・・・ 雷

 街の情報収集がてら、ここのマグネット
 も手に入れました。



060719-15.jpg
 クリアウォーターは、西側の端っこ。
 端の端にある半島にあります。

 地図で見ると、とっても細い小さな
 場所だけれど、立派にビルも建つんだなぁ。

 これから町興しが盛んになるのか、あちこち
 で別荘用だか何だかのコンドミニアムらしき
 建物が建設されていました。



060719-16.jpg
 結局雨は止まず終い ・゚・(つД`)・゚・
 
 せっかく遠回りしてまで来たのになぁ。
 ここも、それなりな観光地みたいで、
 のんびりするには良さそうな所でした。

 でもこれじゃぁ、砂浜でお昼ね計画はパー。




連日の濃い行動がたたってか、ここでお昼ねするつもりだったから、体のサイクルがそうなっちゃったのか、2人とも眠気に襲われ、そのまま駐車場で仮眠をとってしまった・・・眠い(睡眠)

気が付けば、もう午後4時になろうとしています。

「ねぇ!もう帰らないとまずいよ!行こうよ!!」

とせっつく私に、

「う〜〜ん、もうちょっと寝かせてよ・・・」

と、のんきな夫。

「・・・・いいけど。ここから家まで、休憩無しでも9時間弱かかるってわかっている?」

と、ぼそっと呟いたら、飛び起きた夫 ( ━@Д@)

「・・・目が覚めた・・・」

一路向かうよジョージアへ。
その後しっかり夕食も食べ、実に帰り着いたのは午前1時をまわっておりました。
夫は翌日から仕事だって言うのに、やっぱり目一杯、命一杯遊ぶ癖は抜けないのね。

私は半日寝ていればいいので、気楽なもんです。
夫、お疲れちゃん。
明日仕事、頑張ってね・・・・・。






posted by みさみさ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

[Florida] WDWとシルク・ド・ソレイユ

ディズニーワールド2日目。
今日は夕方から、ダウンタウンディズニーにある、シルク・ド・ソレイユの舞台も観にいくので、
のんびり周っていられません。
朝から気合入れて、また沢山乗らなくちゃ。


060718-01.jpg
 と、言う事でやってまいりました、
 ディズニー・アニマル・キングダム

 昨日はあんまり天気が良くなかったけれど、
 とりあえず朝は晴れ間が。
 スコール降らないといいなぁ。




060718-02.jpg
 最初はやっぱり、キリマンジャロサファリ
 
 本当は早朝一番か、閉館ギリギリの夕方が、
 動物の活動が活発になるとのこと。
 新婚旅行で来た時は、5時起きして、朝6時
 頃の最初のツアーに乗ったっけ。

 午前中のせいか、20分待ちの表示。
 実際はあっという間に乗れました。




060718-03.jpg 060718-04.jpg

かば〜〜♪イカ飯みたい・・・。              キリンちゃん。 ベロがちょっと怖い。

060718-05.jpg 060718-08.jpg

何だっけ・・・水牛?                     サイ。立派な角ですね。

060718-06.jpg 060718-07.jpg

アフリカ像。                         子ゾウ。鼻とか小作りで可愛い 揺れるハート

060718-09.jpg
 ライオンのつがい。
 メスも岩陰にいるの、わかる?

 この後、2匹とも動いたんだけれど、
 こっちもジープで移動しているので角度
 が悪くて、シャッターチャンスを逃して
 しまった・・・ (´・ω・`)ガッカリ・・・ 。




ツアーを終えて出口に向かう途中、何やら人だかりが。
柵の向こうが、渓谷みたいになっているので、川に何か生き物でもいるのかな?
と、私達も見下ろしてみたら、ゴリラが二頭いました。
生のゴリラ、久々に見た気がする。
前回(99年)は、いなかったと思うんだけれど、気付かなかっただけかな?
顔が夫に似ているので、(特にマユの辺り)何だか親近感。 ( ^∀^)

060718-10.jpg 060718-11.jpg

見たことあるポーズ・・・。                 怖っっ! 口あけると迫力。
あ!“だっちゅーの”!? (←古い)


060718-12.jpg
パーク中央のディスカバリーアイランド

シンボルになっている木の名前は、
ツリー・オブ・ライフ。
この中にも、アトラクションがあります。

この辺りで、ちょっと小雨がぱらついて
きちゃった。



060718-13.jpg
 木の幹には、実に300種類以上の動物
 の彫刻が掘られているそうです。

 時間があれば、真面目に数えてみたい。

 これ、何の材質でできているのか、
 何故かとっても気になる。




060718-14.jpg 2つ目は、アジアエリアの
カリリバーラピット
 
こんな円盤みたいなボートに乗って、
川を下るアトラクションです。

前回はそんなに濡れなかったのに、
今回は結構びっちょりになりました。

座る場所と、水をかぶる時の角度で、
同じボートでも濡れ方が随分違う。
今回濡れモノ系は、当たりになること
が多いみたいね・・・。  ┐(´∇`)┌




近くにあったので、そのまま新しいアトラクション、エクスペディション・エベレストへ行ってみたのですが、やっぱり人気で長蛇の列。
ここはファスト・パスをもらって、一旦ダイノランドU.S.Aエリアへ移動しました。

060718-15.jpg
 途中振り返って見た、エベレスト。

 この位置からでも、すごい悲鳴が聞こえて
 きます。
 
 わ〜〜、楽しみ♪
 (昨日のタワーオブテラーでの失敗は
  すっかり無かったことになっている)




ダイノランドエリアでは、ダイナソーが目的だったんだけれど、これもちょっと混んでいる。
色々している間に、二つ目のファストパスを入手できる時間(一人が何枚もパスを持てないように、一定時間が経過しないと、次のパスが発行されないしくみ )になっていたのと、エベレストより早い時間のパスだったので、そっちもゲット。
空いていたので、時間つぶしに子供用ジェットコースターみたいな、プライマルホイールに乗って、その後ダイナソーを体験してきました。

060718-16.jpg 060718-17.jpg
ファストパスであっと言う間。                亀の骨。 こんな風になっているんだ。
貰っといて良かった〜〜〜♪


ダイナソーを体験して、すぐにエベレストへ。
ちょっと時間が経っちゃったので、ダイナソーの内容を殆ど忘れた・・・。
エクスベディション・エベレストは、結構迫力ありましたよ。
途中、コースターが逆走したりして、心臓が口から飛び出しそうになる。
私は下に落ちる時にかかる圧力が、どうも苦手みたいで、コースターの背と右の扉にしっかりつかまっていました。
ラッキーな事に、一番前の席だったので、落ちる瞬間の写真を購入。
その代わり、デジカメで撮るの忘れちゃった・・・。( ;谷)


060718-18.jpg
途中に咲いていた花。

あんまり美しかったので、ちょっと
撮ってみました。
でも、名前がわからない・・・。




アニマルキングダムは、アトラクションもさることながら、景観がとても美しいパークです。
後から確認したら、景色や花々の写真が沢山あったので、ちょっとパーク内の景色を載せたいと
思います。

以下の写真は、中心のディスカバリーアイランドから、アフリカエリアへ向かう橋の上より撮影。


060718-19.jpg 060718-20.jpg

蓮の花が沢山咲いていました、花はあまり見る機会が無いので、嬉しかった。

060718-21.jpg 060718-22.jpg
反対側の橋より。龍みたい。               龍の滝の前上に咲いていた花。

060718-23.jpg
 こちら側から、エベレストが見えます。

 この写真の左手に、上の黄色の花が咲いている
 木があります。





アフリカからアジアエリアへ移動する途中だったかな?
サルが二頭、ちょうど綱渡りを始めました。
テナガザルでも、オランウータンでもなさそう。これ、どんな種類のサルなんだろう。

060718-24.jpg 060718-25.jpg

綱渡りの動画はこちらからどうぞ♪


060718-26.jpg
ちょっと遅くなりましたが、ランチタイム。
チキンの胸肉にピラフが添えられたのを
2人でシェアしました。

この店で、夫がトロピカルスムージーを
買っています。

ちなみに、アフリカエリアです。




ここで夫、

「携帯が無い・・・・」

と、騒ぎ出す。

ポケットに入れておいたらしいのですが、どこかで落したらしい。
夫が思うに、カリリバーラピットで、足元が濡れないようにかなり足を上げたとの事。
膝がモモより上になる程だったそうなので、ポケットから滑り落ちた可能性があると言います。

全く・・・ゆっくり食事もできやしない・・・むかっ(怒り)
急いで食べて、まずはカリリバーラピットで聞きましたが、届いていないって。
仕方なく、入口そばのインフォメーションへ確認しに行きましたが、残念なことに届いていないと言われてしまいました ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

でも夫、携帯の形状を説明する時に、色はブルー何て言ったんですよ。
私に言わせれば、夫の携帯はシルバーで、フロントにブルーのパネルが貼ってあるんだから、色は?って言われたら、シルバーって言うべきじゃないの?!

ともかく、数日経った後に届くこともあるから、明日にでも電話して!と、電話番号のカードをもらい、トボトボ帰って来ました。

落ち込んでいても仕方が無いので、とりあえずまたアトラクションを楽しむことにしました。


060718-28.jpg
  ワイルドライフ・エクスプレストレイン。

 どんなアトラクションなんだか、良く
 知らないで乗ったら、終点はミニ動物園と、
 小さな野生博物館みたいな所に着きました。

 座席が全部、向かって左向きのベンチシートで、
 舞台みたいなひな壇になっています。
 窓もオープンで、それなりに気持ちよかった。




060718-27.jpg
 タイミングが丁度良かったので、
 ポカホンタスのショーを見ました。

 ちょっと子供向けだったみたいで、
 お客さんは殆ど子連れ。
 ショーも、ポカホンタスに絡めて、
 色んな動物が登場する感じ。
 日光さる軍団の動物バージョンみたい。




あらかた目当てのアトラクションは周ったのですが、次のライオンキングまで時間があるので、ツリー・オブ・ライフの下にある、イッツタフトゥービーアバグも観られました。
午前中までは、かなり混んでいたんだけれど、アニマルキングダムは閉園が早いのと、客層が小さな子が多いので、夕方は皆、他のパークへ移動するか、帰っちゃう人が多いみたい。

この後、夫にライオンキングの場所取りをお願いして、私はもう一度ビジターインフォメーションへ。
この時点で届いていなければ、もう諦めるしかない・・・。

行ってみたら、何だか偉そうな女の人が、カウンターの中に!
他の係りの人と制服も違うし、彼女ならきっと見つけてくれるに違いない!と思い、一生懸命アイコンタクトを送ると、

「どうしました?」

と、親切に声をかけてくれました。

今度は間違い無いように、私の携帯を例に、

「夫が携帯を無くして・・・こういうフリップタイプだけれど、本体はシルバーで、
 フロントの色は青。
 シーメンス製で、T-Mobileです。」

と説明。
一旦後ろへ見に行った彼女は、程なく夫の携帯を手に!! 

聞くと、見つかった場所はわからないけれど、随分前に届いていたとの事。
あの時、ブルーの携帯なんて言うから、わからなかったんだよ!全く!!
と、腹も立ちましたが、見つかって一安心。
ショーの時間が迫っているので、入口に届くように手配しておいた、エベレストの写真を受け取り、
一目散にショー会場へ。

あ〜〜見つかって良かった!!
夫には、

「今後はファスナー等でフタできるポケットにしか入れちゃ駄目!」

と、きつく説教してやりました パンチ


060718-29.jpg 060718-30.jpg

2度目のライオンキング。

最初は何も無い所に、ショーが始まると四方から舞台が出てくる設定なのが変っていて面白い。

観客席も、舞台の周りに4つのパートに分かれており、私達はライオンエリアでした。
ショーの最中に指示があると、「ガオ〜〜〜」と、ライオンの鳴き声を出したりして、観客参加型。
ハクナ・マタタに合わせて、ショーの前に練習した踊りを一緒に踊ったりと、中々楽しいショーです。

アニマルキングダムは夜のショーが無く、パークの閉演が他より早いのですが、目当てを全て周ることができたので満足。
雨の影響で、昼間のパレードが見られませんでしたが、そのおかげで、ショーが2つも観られたのかもしれません。



+++++アニマルキングダムは、これにて終了。 次はダウンタウンディズニーへ+++++




060718-31.jpg
 ヨットクラブ・リゾートホテル

 新婚旅行で泊まったホテルです るんるん
 通り道だったので、ちょっと寄って
 みました。

 セキュリティーゲートがあって、
 中には入れませんでした。



060718-32.jpg
 「あ!あそこだ!」

 遠くからでも良くわかりました。
 ダウンタウンディズニーにある、
 シルク・ド・ソレイユの舞台会場。

 サーカス小屋と言うには、あまりに
 立派ですね。




060718-33.jpg
 会場の隣にあった、
 House of Bluse。
 生演奏が聞けるレストランだそうなので、
 ショーの前にここで食事したかったのですが、
 40分待ちとの事で、仕方なく断念。

 まぁ、これからショーを観るんだから、
 欲張っちゃいけないね。




+++++++そしてショーが始まりました+++++++



060718-34.jpg
 『La NouBa』

 これは、緋色の布を2枚使って、腕の力だけ
 でパフォーマンスするもの。
 
 鳥のように舞台を飛び回る姿は、まるで
 赤い羽根の天使のようだし、体に巻きつける
 パフォーマンスも素晴らしい。




そのほか、トランポリンを使って、ビルの壁から天井に駆け上がったり、想像もつかないような技が沢山。
舞台両脇の円筒の中で、生バンドの演奏に合わせて、何とも不思議な、まやかしの世界の中にいるような気持ちを味わえます。
中国雑技談の小学生位の女の子達が、大きな糸巻きみたいなのを二本のスティックで操るパフォーマンスも、とっても可愛らしく、特にお客さんの反応が大きかったです。
 
何が凄いって、失敗した時。
どのダンサーや曲芸士達も、あの中国雑技談の女の子でさえ、すっと体勢を立て直して、すぐに次に繋げてしまう。
プロなんだな、一流なんだな、と、こういう時こそ、感嘆のため息が漏れました。

今まで観た中では、オーの次にいいって言える位かも。
今日は一日長くて暑かったけれど、不思議とあまり疲れを感じなかったのは、素晴らしい舞台のおかげかな?










posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

[Florida]スペースシャトル帰還とWDW

シャトル帰還の朝です。
天候などで延期の可能性も多々ありましたが、本日予定通り、午前9時過ぎにはフロリダのスペースセンタへ着陸とのこと。


夫は外で待機、私はハンディビデオで、ニュース映像を撮りながら実況中継をしていると、

「ボカン!ボカン!!」

と、空気が振動する衝撃と共に、大きな風船が大気で割れたような、爆弾が爆発したような、大きな音が二つ聞こえました。
慌てて外へ走り出て、空を見上げていると・・・

060717-02.jpg
 「来た!!」

 打ち上げの時とは違い、
 とても静かに、厳かに、シャトルが帰って
 まいりました。
 後ろに一筋、雲を引いて、す〜〜っと
 静かに、あっという間に着陸。

 「おかえりなさ〜〜〜い」 



打ち上げも、結構あっけないものでしたが、帰還はさらに地味っちゃぁ地味。
特に、帰りはシャトル部分のみなので、見た感じは普通の飛行機とそれほど変らないかも
しれませんが。
でも、これで野口さんの時の打ち上げと、今回の帰還と、両方見られたので満足です。
延期になる事が多いので、今回は賭けみたいな物でしたが、滞在中に戻ってくれて良かった。


060717-03.jpg
 さっそくホテルを後にして、
 一路目指すはウォルトディズニーワールド

 ちょっと事件もありましたが、
 せっかくの旅行なんだし、気持ちを
 入れ替えて楽しまなくては。
 


こちらがルートマップ。

060718.gif



060717-04.jpg
 お昼にディズニーワールドへ到着!
 以下、WDWと表記します。

 この写真の撮影時間を見たら、何と
 ちょうど12時でした。

 今回WDWに費やせるのは2日間で、
 初日はMGMスタジオへ。



060717-05.jpg
 パークの中心にある、大きなモニュメント。
 
 MGMへは、99年の12月に、新婚旅行で
 来た以来です。
 わ〜〜何か当時を思い出しちゃう ハートたち(複数ハート)
 とか言いつつ、記憶が定かでは無く・・・
 これ、前もあったっけ?




ともかく、もう午後だし、ぐずぐずしている時間は無い!
行きたいアトラクションは、全制覇するべく、パークの地図を片手に向かった先は、バックロットツアー


060717-06.jpg
 向かう途中の、ドリンクスタンド。
 コーラの大きな模型から、時々水が噴射。

 暑いので、これを浴びると気持ちよくて、
 子供も大人も、わざと浴びに行っています。



060717-07.jpg
 今回の体験映画撮影は、パールハーバー。
 日本人としては、ちょっと複雑な気分です。

 選ばれた観客の一人が、船の上で大波を
 被る撮影を体験中。



060717-08.jpg
 舞台の裏側を周った後、メインのセットへ。
 
 大地震に大爆発に、大洪水を体験できる、
 大好きなアトラクションです。



今回私が体験した、大爆発、大洪水の様子は、続けてご覧下さい♪

060717-09.jpg

060717-10.jpg

060717-11.jpg


060717-12.jpg
 で、結果がこれ・・・。

 座る場所が“当たり”だと、
 こんなことになります あせあせ(飛び散る汗)



060717-13.jpg
 パークのあちこちにあるセット。
 
 道路の途中から、壁に書いた絵に
 変っているの、わかる?
 
 セットに自然に溶け込んでいる
 つもりが、不自然な体勢の為に、
 かえって浮いているわが夫・・・。
 役者にゃなれないね ┐(´ー`)┌



060717-14.jpg
 こんな所に、チャイニーズシアターが!

 と思ったら、グレート・ムービーライド
 だって。

 入ろうと思ったら、トラブルで止まって
 いるんだって。
 仕方が無いから、後でまた来てみよう。



060717-15.jpg
 トイ・ストーリー・ピザプラネット。
 
 甥っ子たっくんが、トイストーリー
 大好きです。

 私も、ミスター・ポテトヘッドが好き。



060717-16.jpg
 マペットビジョン3D

 何か、子供向けのアトラクションだった。
 3Dだけじゃなくて、実際ぬいぐるみが登場
 したりしたので、それなりには楽しかった
 ですが。



060717-17.jpg
 一番楽しみにしていた、タワーオブテラー

 前回は、記念の写真を買ったんだよな。
 今回も、いいのが撮れたら買おうかな♪

 結構空いていたので、
 
 「これ終わったら、もう一回乗る!」
 
 って、こっちはウキウキしているのに、
 夫が嫌だって ( ・_ゝ・)ツマンネ
 
 いいもん。
 一人でもう一回来るもんダッシュ(走り出すさま)



060717-18.jpg 前言撤回・・・・ (TДT)

 上がるのはいいが、下がる時の何とも
 いえない感覚に・・・オエ〜〜。
 前はもっと楽しかった記憶が・・・
 年ってことか?

 この写真も、買うのシャクなので画面の
 撮ったはいいが、攻撃を受けた直後で、
 こんなにブレブレ・・・。

 もう十分っす。一回でいいっす・・。



さ!気を取り直して、パレードを見ようねぇ〜〜〜 黒ハート

「だから言ったじゃないか・・・」

と、ブツブツうるさい夫をモノともせず、元気にお土産屋さんを周って、何とか元気を回復。
丁度始まったようなので、そのまま店の前で、見学場所を確保しました。


060717-19.jpg 060717-20.jpg

060717-21.jpg
 トイ・ストーリーにマペット。
 モンスターズインク♪

 ディズニーキャラに混じって、
 アニメやテレビのキャラクターも登場。

 「わ〜〜かわいい」

 って見ていたら・・・・。




060717-22.jpg
 ・・・・・ ( ̄□ ̄;)!!

 ゴレンジャー??(←年代がばれる)

 パワーレンジャーだって。
 人気があれば何でもいいのか?!

 キャラクター柄、見物客に手を振る形では
 無く、数秒間隔でポーズをキメる姿に、
 ひとり大ウケの私。



060717-23.jpg
 トリはやっぱり、ミッキー&ミニー。

 運転はドナルドで、
 「やっぱりディズニーのパレードなら、
  こうでなくっちゃ!」

 と、やっと気を取り直したのでした。



060717-24.jpg
 やっとグレートムービーライドへ。

 トラブルは治ったらしく、問題なく
 動いていました。

 古い映画の名シーンが次々登場。
 古すぎて、私達にはわからない映画
 も結構ありました。



060717-25.jpg
 対岸で撃ち合いのシーンなんかがあり、
 ちょっとカリブの海賊に似ている所もアリ。

 何だっけ?西部劇で有名な人・・・。
 ジョン・ウェイン?
 彼が出てきた時は、
 
 「お義父さんが喜びそうだなぁ」
 
 と思いました。
 カサブランカとか、お義父さんの年代
 じゃありませんか?





+++そうこうする間に、夜のショーの時間になってしまいました+++




060717-26.jpg 060717-27.jpg
ファンタズミック!

光と花火と水のショー。
前回見た時、水のスクリーンに映像を映し出す技法に、とっても感動したことを思い出しました。
大掛かりなショーと、広大な観客席をびっしり埋める人気に、圧巻です。



060717-28.jpg
 まだ終われないんじゃ〜

 ショーが終わった後に猛ダッシュ!!
 リトルマーメイドの旅に、何としても
 間に合わせるんだ!



すごい勢いで入口に突進する私達に、

「間に合うから!そんな走んないでいいよ!!」

と、係りのお兄ちゃんから諭され、いい年をして恥ずかしかった・・。
でも、何とか最後のショーに間に合いました。

060717-29.jpg
 ブレずに撮れたので、ご紹介。

 日本のディズニーシーみたいに、
 中央が舞台になっているのかと思った
 のですが、ちょっと違った。
 ディズニーシーのは、アリエルが空中
 でクルクル回ったりしたよね?確か。

 設定は地味な感じがしたけれど、背景に
 映像があるせいか、始まったら、
 本来よりもステージが大きく感じました。



060717-30.jpg
 夜もまたキレイ ぴかぴか(新しい)

 思いっきり遊べて満足満足♪
 あちこちにあったコインコレクションも、
 今日1日で沢山集まりました。



時間の関係で、エクストリームスタントショーが見られなかったのと、ロックンローラーコースターも乗らなかったのが残念。

特に、エクストリームスタントショーは、後から良く見たら、新しいアトラクションだった。
過去に乗ったことがあるやつは後回しにして、こっちを優先させるべきだったなぁ〜〜と、思ったところで後の祭り。

ここには載せませんでしたが、昼間に美女と野獣のショーも見られたし、スターツアーズやサウンド・デンジャラスも乗りました。
半日にしては、頑張って周った方かな?






posted by みさみさ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Florida] 事件の報告



<注意>






この記事は、旅行中に遭遇した、死亡事故に関連したものです。
不快感を感じる可能性もありますので、ご興味の無い方、お気に触る方は、飛ばしてください。




























スペースシャトル帰還の朝です。
外の様子を見ようと、張り切ってカーテンを開けると・・・・。


060717-01.jpg
 は?警察!!
 何だこのモノモノしい雰囲気は。

 と、最初はびっくりしました。
 警察とは言え、人の部屋の中、じろじろ
 見る目つきが、いやに鋭い。
 
 スペースシャトルの着陸関連で、警備の為
 に来ているのかな?

 と、この時は思っておりました。



ところが違ったんです。
何と今朝、モーテル前の海で男性の遺体が見つかったとの事で、その捜査の為の人達でした。
刑事さんから証言を受けている間に、その亡くなった方が、私達が昨日見た男性と、特徴が一致することが判りました。
さらに、この辺りで、その男性が生きている最後の姿を見たのが、どうやら私達らしいと言う事で、詳しい事情聴取を受けました。
最初に宣誓をし、刑事の質問に答える様子をICレコーダーに取られ、ちょっと緊張しました。

全く知らない人とは言え、人が一人亡くなっているんです。
まだ事件か事故かもわからない状況で、とても気持ちが沈みましたが、できるだけ協力できればと、思い出せる限りの事は話しました。

衝撃だったのが、とっくに引き上げられたであろうと思っていた遺体が、実はそのままになっていたこと。
シャトルの着陸後、いやに外が騒がしくなったと思ったら、そこから引き上げの作業が始まったのでした・・・。
シャトルの着陸まで、待っていたのでしょうか。

撮影後、最初に証言を受けた刑事さんが来て、何と遺体の写真の確認をしろと・・・。
シルエットしか見えなかったから、良く解らないと言ったのですが、結局確認することになりました。
写真の男性には、あごひげがあったので、「ヒゲはあった?」と、聞かれたんですが、正直そこまで見えなかったんです。
なので、見えなかったのでわかりませんと答えるしか無かったのですが、最後に、あなたたちが見たのは、この男性だったと思うか?と聞かれ、多分そうだと思いますと答えました。

後のニュースで、男性がまだ30歳だったこと、同じモーテルに、友人と泊まっていた事などがわかりましたが、事件性は無く、溺死である可能性が高いことが書かれていました。
刑事さんも、証言した際に、多分酔って溺れたんだと思うと、言っていました。

こんな事は人生初で、何とも後味の悪い思いをしましたが、男性のご家族、友人の悲しみを思うと、やりきれない気持ちです。
謹んで、故人の冥福を祈りたいと思います。











posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

[Florida]DaytonaからTitusvilleへ

午後からはデイトナ方面へ移動。
その前に、途中にある国立公園管轄の、モニュメントへ立ち寄りました。
デイトナまでの道順を、久々に載せてみます。

daytona_map.gif
  詳細な地図なので、フロリダのどの辺り
  なのか、ちょっとわかり辛いですね。
  フロリダ半島の、右上の方です。

  St.Augustineからは、海に近い州道と国道を、
  ほぼ直線で南下しました。

  デイトナまで、寄り道しなければ、大体1時間 
  位の距離です。



060716-01a.jpg
 あっという間に到着しました。

 Fort Matanzas National Monument
 我が家のコレクション、国立公園のパスポートへ
 スタンプを押す為に、立ち寄りました。

 丁度デイトナへの通り道にあったんです。
 ところが、到着してみたら駐車場はほぼ満車。
 何とか1台分空きを見つけましたが、小さな
 モニュメントなのに、何でこんなに人気なの?



060716-02a.jpg
 その謎はすぐに解けました。

 「あ!何か船に乗れるみたい!!」

 入口に運行表がありまして、1時間毎に
 出航しています。
 折りしも、丁度2時30分の船が到着した所。
 え〜〜乗りたい 船

 私がかぶっているのは、さっき買ってもらった
 むぎわら帽子です わーい(嬉しい顔)



060716-03a.jpg
 ビジターセンタで無事スタンプをもらい、
 船着場へ行ってみました。
 
 とっても気持ち良さそうなボート。
 1時半のお客さんが、ぞろぞろ降りてくる
 所でした。



1時間毎に出航ってことは、けっこうちゃんとしたクルーズみたいだし、何と言っても魅力なのが、

無料だっていうこと!

国立公園管轄とは言え、何て太っ腹な・・・。

「乗りたいよ〜〜〜!!天気もいいし、気持ちいよ!きっと。」

って、訴えたのですが、今後の予定を考えて、あえなく断念。
ここで1時間ロスすると、デイトナビーチでのんびりする時間が無くなっちゃうとのこと。
こんな絶妙なタイミングで到着したのに、本当に後ろ髪引かれましたが、次回チャンスがあったら乗ろうね。
と言う事で、諦めてモニュメントを後にしました。

本来、パスポートにスタンプを貰うのは、きちんと見学した証拠なんだから、スタンプ目的だけって言うのは、良くないんだよな・・・と、少し後ろめたい気持ちでした。


060716-04a.jpg
 3時前に、デイトナへ到着。

 ビーチへ行く前に、デイトナスピードウェイへ。
 私達の地元に、デイトナパークって言う、
 アミューズメントパークがあったなぁ・・。
 まだあるのかな?

 と、ふと思い出す。



060716-05a.jpg
 正面入口附近にて。

 「サーキットが見られればいいかな〜〜」

 位の、軽い気持ちだったんですが、チケットが
 パッケージになっていて、それなりに高額・・・。
 カウンタ前で躊躇していたら、係りの人が声を
 かけてくれまして、
 「中を見学して、気に入ったらチケットを
  買う形でもいいよ!」
 と、親切に入れてくれました。



060716-06a.jpg 060716-07a.jpg 
今日はレースが無いので、観客席へはフリーで入場できます。
行ってみたら、丁度2台ずつ、3〜4周走っている様子。
レースカーの助手席に乗って、サーキット走行を体験するアトラクションがあるので、それかと思ったら、普通の練習みたい。
通り過ぎる時に、車内を見てみたら、ドライバーしか乗っていませんでした。


060716-08a.jpg
 観客席より、メインフロント方向。

 も〜〜ともかく暑くって!!
 一心不乱に写真を撮る夫に、

 「もういいじゃ〜〜ん、
  早くお土産屋さん行こうよ〜〜」

 と、私はヨレヨレ〜〜 バッド(下向き矢印)



060716-09a.jpg
 スピードウェイの全様。

 この後、そこかしこにあるお土産屋さん
 を物色し、私はバーゲンのTシャツ、
 夫はキャップを購入。

 私のTシャツ、ジュニアなんだけれど、
 レディース丈と変らず、丁度良い。





+++++++スピードウェイを後にして、いよいよビーチへ〜〜♪+++++++




デイトナビーチって、何と車で砂浜を走れちゃうんです!
もちろん、海水浴客も大勢いる訳だし、ビーチを縦横に走っていい訳ではありません。
でも、ルールを守れば、車専用道路とされている場所を、自家用車で乗り入れ可です。

数箇所あるビーチアクセスから、チケットブースで入場料を払って入場。
6時からは無料になるそうで、あと30分なんだけれど、太陽が行っちゃう前に行くことにしました。
そしたらブースのおじさん、半額にしてくれたよ 手(チョキ)


060716-10a.jpg
 「わ〜〜本当だ!!」
 
 片側交互通行で、思ったより整備された
 砂浜でした。
 陸側の空いている場所は自由に駐車できます。

 遠浅のビーチに、早く走って行きたい!



060716-11a.jpg
 マラソンする人、日光浴する人。
 皆さん思い思いに楽しんでます。

 思ったより混雑していなくって、
 やっぱりそういう所は、アメリカって
 いいなぁ〜〜と思う。

 リゾート開発が進んでいるらしく、
 そこここで、新しいコンドかホテルの
 建設をしているようです。



060716-12a.jpg
 我が家はこんな感じで場所確保。

 後ろが工事中で、ちょっと景色が悪い
 ですが、メインは海側だもん!

 車で入れるって、本当に楽ですね〜〜。
 荷物全部車から出し入れできるのは
 素晴らしい。
 貴重品も、車に入れて置けるしさ。



前回のデスティン同様、真っ白い砂浜で美しいビーチでした リゾート
かなり遠浅になっているので、ある程度の深さがある場所まで行くのが大変ですが、その分、小さな
子供も安心して遊べるみたい。
海の水もきれいで、海草なんかも殆どありませんでした。

ただ、砂の中を、小さな固い甲羅がある虫が沢山うごめいており、それがちょっと怖い・・・・。
映画『ハムナプトラ』(邦題)の、壁からボロボロ出てくる昆虫にそっくりなんだもん・・・。
映画では、皮膚からもぐって、あっという間に骨だけにされちゃうんだよね・・・ がく〜(落胆した顔)

しばらく警戒して、じっと観察しておりましたが、浅瀬にいて、波が引くときに一斉に砂から出てきて、
海へ戻っているんだか、エサを捕っているんだか。
写真に何とか収めようと思ったけれど、本当に一瞬しか出てこないので、砂と水しか写っていないの。



+++クローズギリギリまで楽しみ、ビーチを後に。これから宿を探さなくっちゃ+++



明日は予定通り行けば、スペースシャトルが帰還する日。
天候その他で、延期になることもしばしばですが、予定通り行けば、着陸の様子を見られるかも
しれない。
そういう訳で、今夜の宿は、なるべくケネディーに近い場所が望ましい。

スペースセンターの対岸に、一軒宿があるのは知っているのですが、どうせ満室だろうと、
近くのモーテルへTel。
ところが、平日なんて殆ど空いているのに、何と満室とのこと。
ヤケになって、ベストポジションのモーテルへ、電話するだけしてみたんです。
そうしたら、空いているって!しかも良心的な金額!!
その上、
「川側(スペースセンタ側)と道路側と、どっちがいい?」

と、希望まで聞いてくれるじゃありませんか!!
もちろん川側を希望して、もうウキウキで宿へ向かいました。


060716-13a.jpg
 7時半頃、無事チェックイン。
 どうです?このロケーション。
 
 この写真は望遠で撮っていますが、
 1階で、庭からこんなに感じで、
 スペースセンターが見えます。



060716-14a.jpg
 海から直行の私達は、潮でベタベタ。
 部屋のシャワーでもいいけれど、折角だから
 隣接のプールへ。

 8時半頃にはクローズになると聞いて、
 慌てて向かいました。
 お客さんは、もう私達だけ。
 貸切で泳ぎ回りました。




060716-15a.jpg
 プールも海沿いにあります。

 正確には、インディアン・リバー
 と呼ばれていますが、スペースセンタ
 のある半島との間を流れる海です。
 波もなく、静かで、まるで湖みたい。



060716-16a.jpg
 プールサイドから。

 船着場もあり、ちょっと前まで、
 庭から釣をしている人もいました。
 ここなら、何の邪魔もなく、ゆっくり
 シャトルの着陸が見られます。



060716-17a.jpg
 マナティーちゃん。

 ホテルの目の前に、沢山泳いでいました。
 本当はブタちゃんみたいな鼻を出した
 所を撮りたかったんだけれど、中々
 難しい。

 アメリカで野生のマナティーが見られる
 のは、フロリダのみだそうです。



8時を周った頃に、私達もプールから引き上げました。
プールサイドのシャワーを使おうと、海側をまわりながら、ふと見ると、もう暗くなるのに、マナティーと
泳ぐ男性が!

「こんな所で泳げるの?!しかも、サメじゃないとは言え、あんな大きなマナティーと、
 ちょっと一緒に泳ぐ気はしないよね。」

と、夫と2人で、ちょっとの間眺めてしまいました。
もう夕日も沈みかけ、坊主頭のシルエットしか見えませんでしたが、一人きりで泳いでいたし、
「何見てんだよ!」なんて言われるのも怖いので、すぐにシャワーを浴びて部屋へ。

しかし・・・・このほんの些細な出来事が、後で大きな事件へ繋がるのです・・・。

衝撃の事実は、翌日のブログで!!






posted by みさみさ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。