2006年07月02日

[F1 2006]本選

レース当日は、良い天気でした。

最初に結果報告しちゃいます。
昨日までは好調だった琢磨ですが、残念ながら7周目でクラッシュ。
戦線を去りました・・・。

今回のレースは、スタート直後の第一コーナーで、複数台を巻き込む大クラッシュがあり、7台が戦線離脱。
セイフティーカーが出て、7周目から再スタート。
琢磨は最初のクラッシュを避け、その時点で11位でしたが、同じく第一コーナーで、モンテイロと接触・リタイアです。

モンテイロの奴。
ぬぁ〜〜にが、「有り得ない動き」だ。
お前負けてるなら、おとなしく道を譲れ!!と、息巻いても終わっちゃったもんは仕方が無い。
まぁ、レーサーだもんね、戦いだもんね。
でも、完走できていたら・・・と思うと、やっぱり残念。

今回私はビデオを回しておりまして、写真は主に夫が。
スタートまではメインフロント位置へ行っておりましたので、そこの写真を何枚か。


060702-01.jpg
 スタート前の恒例、ドライバーズパレード。





スタート位置にて。

060702-03.jpg 060702-04.jpg

060702-05.jpg 060702-07.jpg


060702-06.jpg
 亜久里さん。





060702-02.jpg
 メットを装着。

 きゃ〜〜 揺れるハート
 琢ちゃんカッコいい!!





060702-08.jpg
 珍しいメットの裏側が撮れました。

 “TS”ってイニシャル入っているんですね。





060702-09.jpg
 コックピットへ。
 
 スタートの様子は、動画でお楽しみ下さい。
 今回初の試み♪
 
 ちなみに、最終コーナーでの動画はこちら・・・。




〜〜再生方法 : 上記の“スタートの様子”をクリックすると、別ウィンドーが開きます。
   画像の読み込みが終了したら、動画画面左下の“■”で一度停止してから、
   隣の再生ボタンをクリックすると見られます〜〜




+++++3年目の私のF1インディアナポリスGPは、琢磨のクラッシュで終わった・・・。+++++



060702-10.jpg
 表彰式の様子。

 シューマッハ、表彰台でジャンプしてました。
 シューの表彰台は見慣れてますが、今回の
 彼は感情むき出しで可愛かった。
 何だか、デビュー当時を思い出すよ。





と、言う事で、多分最後の生観戦となる、F1 2006インディアナポリスGPは終わりました。

琢磨、今回は予選まで順調だっただけに、本当に惜しい結果になりましたが、確実にチームも琢磨も前進しています!
今後のさらなる成長を期待して、精一杯応援していくぞ!
ともかく今は、ニューマシンの導入を祈るばかり。

さ、帰るぞ。
後は9時間の道のりを越えて、アトランタへ戻るのだ。
さようならインディアナポリス。
またきっといつか来たいなぁ・・・もう無理かなぁ・・・。





posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

[F1 2006]3回目練習走行&予選

3日目、3回目の練習走行と予選!
本日から参加の友人2人を空港まで迎えに行き、そのままサーキットへ。


060701-03.jpg
 最後の練習走行は、Corner10 Terraceで。

 シケインでスピードが一番落ちる場所なので、
 タイミングをうまく合わせれば、良い写真が
 撮れます。




10番コーナーを周った時がチャンス!
夫、改心の出来を2枚。

060701-01.jpg 060701-02.jpg


琢磨のマシンは好調な様子。
16周走って、最速ラップも昨日よりさらに上げ、1:13.86

反面、モンタニーはマシントラブルらしく、琢磨の半分位しか走れなかった。
午後の予選までには何とかなるといいですが。



+++++午後はいよいよ予選! やっぱりピット前最終コーナーへ+++++



060701-04.jpg
 おぉ!
 日本の応援団の皆さんが、さらに増えている。
 昨年もいらした常連さん(?)の姿も見かけました。

 それにしても、日本人はマメだなぁ。
 こんな凝った応援幕、他国では見かけません。
 我が家も今年は作成できなかったのが残念。




060701-05.jpg 
 やった〜〜〜exclamation×2

 やりました琢磨!
 今期最高の、スターティンググリッド、
 18位を獲得。
 
 ラップタイムもさらに上げ、存分に実力を発揮でき
 ている様子。
 
 見て、この嬉しそうな様子。




琢磨っちは本当にすごい人だ。
勝てるはずのないマシンで、ここまでの結果をたたき出すなんて。
肉体だけでなく、絶え間ない努力と精神力の強さに、ただただ敬服です。

これは・・・これは明日が本当に楽しみになってきた。


060701-06.jpg
 「あ!見て!!」

 応援席の私達にも、手を振って 合図して
 くれました ハートたち(複数ハート)

 必死で写真取っていたので、ファインダー
 越しに慌てて手を振り返す私。




喜びの琢磨氏の英姿。

060701-07.jpg 060701-08.jpg


私も思い出が走馬灯のようによみがえる。
2年前のF1初生観戦で、琢磨3位入賞の瞬間に立ち会えた事。
レース終盤は、
「頑張って!あと○周」
と、両手を合わせて必死に祈っておりました。

そして昨年の、まさかのミシュランタイヤ事件。
まぁ2年続けて、F1の歴史的瞬間に立ち会ったことになりますが、まさに地獄絵図。
もう2度と、あんな体験したくない。

そして3度目の今回。
チームの参戦は苦しいスタートとなり、未だ数々の問題を残していますが、確実に前進している。
そして、この良い思いでのあるインディアナポリスで、今期最高のスタートを切れることになりました。

何だか、こちも「じ〜〜〜ん」と来ちゃうぜよ たらーっ(汗)

ともかく、Super Aguriの今後が楽しみです。
これで遅れているニューマシンの導入があったら、よりコンペティテブな走りが期待できますね。
問題は、Speed CHが入らない我が家で、どうやって今後のレースを観戦するか・・・。



+++おまけと言うか、ちょっと意外で印象的だったので+++




今まで、ほぼ琢磨の記事でしたが、何だか今回、可愛かったこの方のショット。

060701-09.jpg
 今期はアロンソに押さえられたシューでしたが、
 今回は見事、フェラーリがワン・ツーでポール
 ポジション。

 昨年までは、
 「俺、勝って当たり前」
 みたにな高飛車な態度が嫌いでしたが、
 こんな風に素直に喜ぶ姿は可愛い。




060701-10.jpg
 こんなお茶目な姿も見せてくれました。

 Massaとは、仲いいのね わーい(嬉しい顔) 




あ〜〜痛快だった!
これぞ、はるばる観に来た甲斐があったってもんさ。
さぁ!明日に向けて、こっちも気合いれるぞ!!




と、言う事で・・・・
posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

[F1 2006]練習走行

2日目、練習走行。


060630-01.jpg
 まずはピットの様子をみなくっちゃね。
 Super Aguriのピット前、最終コーナーへ。





060630-02.jpg
 日本から応援に来た方が持参された、応援幕。
 何と、カナダGPを観て、そのままこっちに来たん
 だって。

 すごい、これだけ大きいと映えるねぇ。





あ!琢磨登場!

060630-03.jpg 060630-04.jpg



060630-05.jpg
 おぉ!亜久里さん。

 中学生の頃からお慕い致しておりました ハートたち(複数ハート)
 やはり現役時代より、渋みが増しておりますが、
 もちろん鍛えていらっしゃるんでしょう。
 相変わらず 素晴らしいお姿でした。





そうこうする間に、今宮純氏も!
 
彼はピット前に居る間、終始カメラ目線でした。
応援幕を見ていたのかもしれませんね。

060630-06.jpg 060630-07.jpg



060630-08.jpg
 走行を終えて、マシンはピットへ。

 琢磨さんも、こちらを見上げている様子・・。
 と、思うのは気のせい?






060630-09.jpg
 望遠で、メットの中の表情をとらえる事が
 できました。
 
 今度のカメラ、いいなぁ。






快挙です!
1回目の練習走行で、何とSuper Aguriの3人が最高速をマーク!!
他チームより重いマシンで凄いことです。
1位がモンタニーで、2位が琢磨、3位が左近の順番。





+++++++2回目は場所を移し、スタート練習が見られるTower Terraceへ。+++++++





060630-10.jpg
 ピットロードからレース本線へ合流する位置。
 表彰台横の端の席をチョイス。
 スタート練習をカメラに収める絶好の場所です。





060630-11.jpg
 琢磨っち。
 2回目の練習走行では、スタート練習をしなくて、
 カメラに収めるのが大変だった!(:夫談)

 何せすごいスピードなので、ブレブレが殆ど。





060630-12.jpg 
 ちなみに真横の表彰台。

 この位置からだと、表彰式の様子とその後の
 インタビューまでばっちり見えますね。

 琢磨さん、午後は午前のタイムを1秒以上
 縮めました 手(チョキ)
 
 私達も、明日以降の期待大 るんるん







+++++午後の走行を堪能して、ショップを巡った後は、Downtownへ行ってみました。+++++






今年もフェラーリのショーをやってます。
数々の名車が一同に!!
エンジンルームも見せているオーナーが多く、間近でたっぷり見られるチャンスなんです。

060630-13.jpg 060630-14.jpg



060630-15.jpg
 本日の〆。

 ハードロックカフェでコレクションのピンを入手。
 昨年かおととし買った気がするんだけれど、
 覚えていないので、一応。
 と言う事で。






せっかくなので・・・
posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

[F1 2006] ピットウォーク

今年もやってきました、インディアナポリス モータースピードウェイ
F1アメリカGP観戦も、今年で3年目です。


060629-01.jpg
 いい天気。
 こちらは正面入口。




先ずは、昨年サイン会が行われた、Plazaへ。
前回はサイン会用にテーブルが用意されていたんですが、今年は見当たらない。

「今年はサイン会ないのかなぁ〜〜」

と思いつつ、Plazaの角の特設会場へ。
舞台が設置されており、何やらイベントをやっている様子です。



060629-02.jpg
「あ!アロンソが来た!」

昨年もこのステージで、シューマッハがインタビューに応じていました。
Speedチャンネルとか、世界のメディアでも放映されます。







+++++++インタビューを見た後、とりあえずピットへ行ってみました+++++++




060629-03.jpg
 Super Aguri-Honda

 佐藤琢磨のマシン。







060629-04.jpg
レース中に使用するフロントピット。
資金不足の為、他チームと比べるとちょっと悲しい感じが・・・。
日本の企業家の皆さん!スーパー・アグリに出資しましょう!






060629-05.jpg
 ピットウォーク中に有力情報。
 
 琢磨の(モンタニーも)Q&Aが1時20分から。
 どうやら今年は、サイン会ではなく、ドライバーの
 Q&Aコーナーを設けたらしいです。
 よし!気合入れていくぞ!!






なるべく前方の場所を確保すべく、30分程前からインタビュー会場へ。
様子を見ていると、ドライバー達はインタビュー終了後、舞台を降りるときにサインしたり、
チームの帽子にサインをして、舞台の上から観客に投げたりしている。

「これは・・・琢ちゃんのサインゲットのチャンスか?!」

私は舞台の正面に向かって右手。
ドライバー達が出入りする入口のフェンス前へジリジリと前進。
夫は向かって左手へ待機し、ドライバーの正面が撮影できる位置へ移動。



060629-06.jpg
 「きゃ〜〜琢磨さ〜〜〜ん!!」

ついに登場琢磨っち。
何だか年々かっこよくなっている気がする。
インタビューでも、相変わらず流暢なイギリス英語で、インタビュアーが 感心しておりました。






インタビュー内容は、琢磨自身の事より、殆どSuper Aguriについてだったと思う。

まぁ、私の英語力では全理解は難しいのですが、チームには準備期間も3ヶ月しか無かったけれど、皆素晴らしい働きをして、今日がある。
上位を目指すには、まだ沢山の課題をこなさなければならないが、素晴らしいメンバーと日本からのサポートに支えられています。
と、言うようなことをおっしゃっておられたと・・・思います。

インタビューも終わり、いよいよ戦闘開始!!
私、この時点で、フェンス前に陣取っておりました。

実は、インタビュー前。
琢ちゃん登場時に、大声で、

「琢磨さ〜〜〜ん!」

と叫んだ私に、周りの皆さん一斉に私を振り返り、次々に、

「日本から来たの?」
「それ、日本語?何ていったの?」

とか聞かれる始末。
でも、それが功をそうしたのか、私の前で最前列のフェンス前にかじりついていた男の子。
フェラーリカラーにペイントした顔で振り向き、

「琢磨のファンなの?ボクも好きなの。 ボクの隣においでよ、きっとサインをもらえるよ」

と、隣を空けてくれるじゃあありませんか。
その横にいたインド人らしき人も、場所空けに協力してくださり、涙涙・・・。
皆さん、どうもありがとう。

さて、琢磨っちは、降りてきてサインしてくれるのかな?
それとも、帽子やTシャツにサインして舞台から投げるかな?
まぁ、紳士な琢磨さんのことだから、降りてきてくれるだろう・・・。

と、思っていたら、やっぱり来ました!
ステージから降り、わざわざ舞台の中央付近まで戻ってこられて、そこから次々にサインを!!

私も無事、サンバイザーにサインを頂き、なおかつ。

「頑張ってくださいね!応援しています!!」

と言葉をかけると、にっこり笑顔でうなずいてくださいました・・・・。
惚れた・・・惚れたぜ琢磨っち!!


そして、サインを頂いた後に、すかさず手持ちのデジカメで取ったアップがこちら。

060629-07.jpg







おととしは、3位表彰台に登った琢磨。
昨年はタイヤのトラブルで出走しませんでしたが、今回こそは良い走りを期待しています!











posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

[Show] Delirium 〜Cirque du Soleil〜

060402-01.jpgシルク・ド・ソレイユの新しい舞台。

Delirium


音楽が主役で、従来の人間サーカスがそれを引き立てる、新しいスタイルだとか。

限られた地域でのみの上演だそうですが、
ラッキーな事に、アトランタ公演がありました。






060402-02.jpg
今回は、2階席ですが、ほぼ中央位置。

長方形の舞台を端から端まで使用し、客席は前後のみというセッティング。

カメラに入りきりませんでしたが、両脇はスクリーンです。








060402-03.jpg
最初は『NITZA』の舞台。

この時はシンガーのみの出演だったので、
「まさか、この調子で、パフォーマンス無し?!」
と、心配しちゃいました。

20分の休憩後は、ちゃんとアクロバットダンサーが出ましたよ。








060402-04.jpg
第二部が始まってすぐ、2階席で良かったと実感。

舞台のパフォーマンスと、両脇のスクリーンが一体となり、幻想的なステージが繰り広げられます。

席が近いと、この迫力は伝わらないかも。









060402-05.jpg
スクリーンは、時に左右に移動。
なんて不思議な雰囲気。













060402-06.jpg
舞台全体に透き通るスクリーンが下りてきて、
パフォーマンスと映像が重なる仕組み。

なる程、“Delirium”
(狂乱状態・幻覚症状・精神錯乱・興奮、の意)だ。










060402-07.jpg
小林幸子も真っ青、舞台一杯のドレス。














060402-08.jpg
ミュージシャンとダンサーは、こんな風に絡んでいます。

見えるかなぁ・・・左右の空中に釣られた輪の中に、
ミュージシャンがいます。












以前ラスベガスで、『La Femme』という、有名なヌードショーを観ましたが、そこでも、透けるスクリーンを通して、ダンサーの体に様々な模様を映し出しており、

「こういう見せ方もあるんだなぁ」

と、感心しました。

シルク・ド・ソレイユは、『アレグリア』・『オー』と続き、3回目ですが、どれも趣が違っていて、それぞれ楽しめました。

















posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

[Baseball] Braves x Sox

こんな事書いたら、日本の大リーグファンに怒られそうですが・・・。
実は私、野球ってあんまり興味無いんです。
夫は好きみたいだけれど。

ルールもちゃんと理解していない始末ですが、こっちはチケットも安いし、せっかくだから、日本人選手は可能な限り見とくか!

そんな訳で・・・。


060401-01a.jpg
久々にターナーフィールドへ。

















060401-02a.jpg
本日は、Atlanta Braves vs Chicago Whitesox












060401-03a.jpg

「あ!!井口さん発見!」
















060401-04a.jpg
試合前のストレッチ中。



















060401-05a.jpg
打順は2番、がんばれ〜〜〜 
フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレー













+++++++ゲーム中の井口内野手、3連発+++++++


060401-06a.jpg

060401-07a.jpg

060401-08a.jpg


守る!走る!打つ!井口内野手。

今回の成績は、2打数無安打。
残念ながら、3打席目で交代になっちゃいました。

写真、沢山撮っておいて良かった。

結果は、10対4で、ホワイトソックスの圧勝。


060401-09a.jpg
唯一、ちゃんと顔がわかる写真。

接写の写真、ピントが合っていませんが、
レンズに無理やり単眼鏡をねじ込んで
撮影している為。

どうやらレンズもカビたようだし、
そろそろ買い替えか?!













野球の後は・・・
posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Entertainment | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。