2010年06月12日

3日目 化石の森国立公園と記念碑

サンタフェは午前中で切り上げて、午後は化石の森へ。
ここからかなり距離があるので、急がなくては。


0612_11.jpg

  まずは化石の記念碑へ。

  ここはスタンプ目的で寄っただけなので、
  ビジターセンタだけ行って次の目的地へ。




0612_12.jpg 0612_13.jpg


途中で州境を通ったので、看板コレクション用に撮影。

基本的に隣の州に入る時しか看板は無いのですが、後部座席左後方に待機して、州境を超える直前に反対車線のニューメキシコを撮影。
すぐさま後部右側に移動し、アリゾナの看板もパチリ。
高速道路の走る車中の中、一回しかチャンスがないので緊張しましたが何とか成功 手(チョキ)


0612_14.jpg

  3時間半走って、やっと化石の森に到着。
 
  時差に救われて、何とか主要な箇所は
  見学できる時間がありそう。




0612_15.jpg

  全米で(確か)唯一、国立公園内を
  走るルート66の記念碑。

  アドービのモニュメントに車のバンパー
  が埋め込まれていました。




0612_16.jpg 0612_17.jpg


子供のいたずら書きみたいですが、インディアンの壁画。
それぞれの絵に意味があるようで、点描画のような手法で描かれているそうです。


0612_18.jpg

  インディアンの住居跡。

  修復されているんだろうけれど、
  雨が少ない気候のせいか他の遺跡より
  綺麗に残っているように見える。




0612_19.jpg

  いよいよ見えてきました!

  丸太が石化した化石です。
  国立公園の地下90mまで堆積しており、
  大地の侵食と共に徐々に姿を現します。




0612_20.jpg 0612_21.jpg



0612_22.jpg

  侵食によって、このように現れます。

  殆どの木は、珪素を含んだ雨水の影響で
  石化した後、地震や地殻変動の際に自然と
  ひびが入り、そこから割れてこのような
  輪切りの姿になります。

  国立公園に制定される遥か昔には、
  多くの宝石商から大量の化石が
  持ち去られたとか。

  現在でも盗掘を防ぐ為、公園への
  入退場時には、ゲートでチェックがある
  との事。

  私達は遅くに到着した為か、入場も退場も
  特にチェックはありませんでした。




0612_23.jpg

  切り口のアップ。

  石化する前の木は松や杉なのですが、
  どんな石になるかは木の種類ではなく、
  雨水に含まれる成分の違いで決まります。

  同じ木でも、反応する成分で全く違う
  石になるなんて、ちょっと不思議。





0612_24.jpg 0612_25.jpg


公園外にあったお土産屋さんにて。

木からとれた石や、木をそのまま薄切りにした飾りなんかが売っています。
こんなに豊富な種類の石が採れる場所は、他に中々無いそうですよ。

ちなみにこちらで販売されている石は、保護された公園以外の場所から採掘された物だそうです。













posted by みさみさ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3日目 サンタフェ

宮沢りえの写真集で有名なサンタフェ。
ダウンタウンは1km四方に収まるエリアなので、歩いて観光できます。



0612_01.jpg 0612_02.jpg



まずは、ビジターセンタ裏のサンミゲル教会へ。
インディアンによって1626年に建てられた、サンタフェ最古の教会だそうです。

外壁は修復中でしたが、教会内の展示はやっていました。
アドービ様式の日干し煉瓦があったり、土壁の中が見えていたりして、返って良いタイミングで見られたかもしれない。


0612_04.jpg


  カラフルで質の高そうな民芸品達。

  スペイン風の中庭みたいな路地が
  良い雰囲気です。




0612_05.jpg

  憧れのターコイズジュエリー。

  素敵だけれど、サンタフェのジュエリーは
  かなり上品なデザインが多いみたい。

  私はもうちょっとインディアンっぽいと言うか、
  ガッシリしたデザインが好み。




0612_06.jpg

  ロレットチャペル。

  奇跡の階段と呼ばれる、らせん階段が有名です。
  真ん中の支柱が無く、鉄の釘も使われていない
  のに、90年近く一度も壊れずに使われたとか。




0612_07.jpg



  これが33段のらせん階段。

  元々手摺はありませんでしたが、
  安全性の為に後から取り付けられたそうです。

  写真では判りにくいですが、手摺を取り付ける
  前の写真が階段前に展示してあります。




0612_08.jpg



  サンタフェにもルート66が通っています。

  バイク乗りなら一度は走ってみたい道路だそうで、
  沢山のバイクを見かけました。

  ハーレーの集団はかっこいいけれど、街中に響く
  爆音に、観光客達はちょっと渋い顔。




0612_09.jpg

  ここは短大の美術館で、正面の通路の様子。
  
  さすが美大!さすがアートの街!!
  ただの通路なのにこんなに素敵です。

  何だか京都の有名な鳥居を連想させる
  眺めでした。




0612_10.jpg

  スクエア周りの露天。

  ここの露天は、インディアンのアーティスト
  が直接売っている店が多かった。

  露天にしてはデザイン性が高い作品が多い
  けれど、その分ちょっと高価でした。












posted by みさみさ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

2日目 電波望遠鏡郡 VLA

白砂を堪能した後は、電波望遠鏡郡へ。

またしても、な〜〜んにも無さそうな道を走っていたのですが、突然景色が一変。


0611_11.jpg

  一面の溶岩台地に咲く、サボテンの花。

  昔噴火があって、溶岩が流れて固まった
  んなだな、という感じ。

  群馬にある、鬼押し出しを思い出した。




0611_12.jpg


  野を超え、谷を超え、山を登り・・。

  や〜っと遠くに、それらしきアンテナ郡が。
 
  おぉ〜〜〜、あれか!




0611_13.jpg

  到着しましたよ〜〜。

  超大型電波望遠鏡郡、VLA。
  広〜い大地に、点々と望遠鏡があるだけ。
  遠くからは大きさがイマイチわからなかった
  けれど、近寄ってびっくり。




0611_14.jpg

  わかるかな?

  望遠鏡の左下、通路上に私がいます。
  すんごいデッカイです。




0611_15.jpg

  望遠鏡郡はレールで移動可能。

  観測物だか方向によって、Y字型に動くそうです。
  動くと言っても、専用の車に乗せて運ぶから、
  そう簡単には移動できそうにないですが。




0611_16.jpg

  点検や修理の為の格納庫。

  裏から見えた時は大きなビルディングかと
  思ったら、中は空っぽでした。














posted by みさみさ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日目 ホワイトサンズ国定記念物

0611_01.jpg


昨日遅くに到着したホテル。

今回マイレージを消化する為に、航空券と殆どのホテルはマイレージで取りました。
マイレージで取れるホテルって、あんまりな安宿は無いみたいで、我が家にあるまじき豪華さ ぴかぴか(新しい)

ミニゴルフやプール・ジャグジーなんかの施設も充実しており、素泊まりするような所じゃありません。
『とっておきのホテル』何て、日本の雑誌に紹介されている記事が飾ってありました。

フロントでチェックアウト時に、「もうお発ちですか!」と驚かれ、夫は恥ずかしかったそうだ。
フロントの夜番、エドとももっと話したかったな。


さてさて、後ろ髪引かれながら向かうは、ホワイトサンズ国定記念物
石膏の結晶でできた真っ白な砂丘がどこまでも続く公園です。


0611_02.jpg

  山を下って1時間程で到着。

  遠くから見たら、まるで雪が積もっている
  みたいでした。




0611_03.jpg


  ビジターセンタはアドービ様式。

  真っ青な空に赤茶色の土壁が良く映えて
  まるでスペインに来たみたい。








そして・・・






0611_04.jpg


びっくり 目
砂丘を登ると、辺りは白・しろ・白! 視界に入るのは、蒼い空と白い砂丘だけ。
地球じゃないみたいです、まるで別世界。


0611_05.jpg

  石膏の砂だけあって、かなり粗い。

  温かくさらさらで、どんなに転がり回っても
  大丈夫。
  ちょっと払えば元通りです。

  寝っ転がっていると、どこからともなく現れ
  素肌にむらがる赤いアリがちょと不気味ですが、
  特に刺したりはしないみたい。




0611_06.jpg

  途中には屋根つきのピクニックエリアあり。

  BBQグリルも付いていますが・・・。
  真夏の灼熱地獄で、果たしてここで炭を起こす
  勇気があるだろうか。




0611_07.jpg


  除雪車ならぬ、除砂車。

  風で道路がすぐ埋もれてしまうので、
  ひっきりなしに砂をかき分けています。




0611_08.jpg

  砂丘で生き残れる、数少ない植物
  Yucca(ヤッカ)。

  天然のステロイドを含む植物だそうです。
  副作用が有名な薬ですが、ヤッカから抽出された
  薬の実験では、副作用が全く無かったとか。




0611_09.jpg


  芝桜みたいな可愛い花。
  Centaury(ベニバナセンブリ)だそうです。

  自然に咲いているだけなのに、
  アレンジメント・フラワーみたい。




0611_10.jpg

  この、失敗したズラみたいなのは・・・。
  何だけ。

  斜め読みした説明版によると、強力な根で
  砂を巻き込み、絶えず形を変える砂丘の
  環境で生き延びるそうです。





ここで生息する、ウサギ・ねずみ・とかげ等は、保護色で真っ白だそうです。
本物を見かける事が無かったので残念でしたが、温かい砂を充分に満喫してきました。










posted by みさみさ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

1日目 カールスバッド国立公園

今日から6日間、テキサス・ニューメキシコ・アリゾナを巡る旅。
国立公園をポイントに、ぐるーっと一周します。

ニューメキシコは初めて!
これで行った事が無い州は、オレゴン・デラウェア・ウェストバージニアのみとなります。


テキサスのエルパソ国際空港へ着いたら、早速レンタカーを借りて出発 車(セダン)

0610_01.jpg 0610_02.jpg




まずは空港から30分足らずの国境へ。
エルパソはニューメキシコ州とメキシコの境にあって、こんな風に陸続きで、メキシコへ入国できます。

0610_03.jpg 0610_04.jpg




写真を撮ったらさっさと次の目的地へ・・・のはずが。
ここで一時停止を怠った為、切符を切られて1時間弱ロスタイム もうやだ〜(悲しい顔)
旅の始めに気合を入れてもらったと思って、気を引き締めて参りましょう exclamation


そして、こ〜んな殺風景な道路を走る事、2時間半。

0610_05.jpg 


0610_06.jpg
 

0610_07.jpg 



0610_08.jpg

  カールスバッド国立公園に到着。

  アメリカ最大級の洞窟から、夕方一斉に飛び立つ
  こうもりを見られる事で有名な国立公園です。

  1995年には、世界遺産にも登録されました。




0610_09.jpg

  いざ!洞窟へ出発〜〜 手(グー)

  入口付近は、つばめみたいな鳥が沢山飛び
  回っており、正直、糞くさい・・・ たらーっ(汗)





幸い、糞くささは入口付近のみでした。

ここから3時間以上洞窟内を歩き回り、夫も私も写真を沢山撮ったのに、やっぱり暗い場所は難しい ふらふら
フラッシュは遠くて殆ど役に立たないし、固定したつもりでも、フラッシュ無しだとブレちゃったのが殆ど。
しかも鍾乳洞写真って、おどろおどろしい、と言うか、きれいに撮れていてもグロテスクな感じは否めず。


と、言う事で、取りあえず良く撮れた2枚のみご紹介。

0610_11.jpg 0610_12.jpg



右の鍾乳洞は、ドールハウス(人形の家)何て名前が付いていましたが、あんまりメルヘンなイメージ
じゃないなぁ。

私は途中でお腹が空いちゃって、地下のカフェでサンドイッチとフルーツサラダを食べるまでは、
どの鍾乳石も巨大なシナボンにしか見えなくなった。
何たる煩悩の固まりだろうか バッド(下向き矢印)


0610_14.jpg
  そう、国立公園なのに、鍾乳洞内にカフェと
  お土産屋さんがあります。
 
  出来合いのサンドイッチやパックのサラダしか
  ありませんが、あったかいスープとかもあれば
  いいのにね。





洞窟を出た後は、日没までビジターセンタ内で時間潰し。
ビデオを見たり、お土産を見たりして過ごしました。


0610_13.jpg

  こうもり鑑賞会場(?)

  先ほどの入口手前に、こうもりの飛行を
  鑑賞する客席があります。
  
  飛行中は一切撮影禁止の為、昼間の写真を。





夕闇の頃、一斉に飛び立つこうもりを無事鑑賞。
こうもりって、洞窟を出た直後はらせん状の旋回をしばらく繰り返し、おもむろに夜空に飛び立って行くものなんですね。
ある意味、写真撮影に追われる事無く、じっくり静かに鑑賞できて良かったです。








posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

スペースシャトル・アトランティス(STS-132)

人生で2回目のスペースシャトル打ち上げ見学。
前回は4回も出直す羽目になりましたが、今回は予定通り飛んでくれました。

今回を入れて、スペースシャトル打ち上げはあと3回。
維持や飛行に莫大な費用がかかるらしく、この3回以降は無人の探査機や人工衛星以外は、
しばらく飛ばす予定がないそうです。


5月14日 午後2時10分。
まずは大き目の写真で打ち上げ直後を。

0514_01a.JPG




続いて連続撮影。

0514_02.JPG


0514_03.JPG

0514_04.JPG






0514_05.JPG



  こちらはアップで。








0514_06.JPG




   大気圏を抜けちゃった後。









本当にあっという間。
大気圏を抜けちゃうまで、多分数秒〜数十秒だったと思う。

私は、肉眼で見つつカメラに収めるのに必死。
夫は、ビデオ撮影で必死。

今回改めて見て思い出した事は、音は後から聞こえるって事。
前回は基地内のチケットが取れたので、もうちょっと近くで見学できたし、音も2〜3秒の遅れだったと思いますが、今回は基地外の対岸でちょっと距離があったので、随分音が遅れた感じがします。

スポーンと、無音で、でっかいロケット花火が空に吸い込まれて。
かなり上に上がってから、『ゴゴゴゴ・・・・・』って、音が追いかけてきて。
入道雲みたいな、ものすごいロケット雲が沸き立って。
やっと我に返った他の観客達の声援を耳にしつつ、やっぱり鳥肌バリバリ。

あぁ、良い思い出がまた増えた。
2日間、風呂にも入れず頑張った甲斐がありました。











posted by みさみさ at 00:00| Comment(4) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

フロリダ 〜エバーグレーズ国立公園へ〜

ふと思い立ち、旅立ってしまいました。

往復含め3日間という多少強行ですが、フロリダ最南端を目指して出発。

今回目指すは、エバーグレーズ国立公園
車中のガイドブックより、ユネスコ世界遺産に認定されていると知りました。

のん気に出発したは良いが、宿泊地やどこまで行けるかも把握しないまま。

「行ける所まで行っちゃえ!!」

と、頑張った結果が以下のドライブマップです。


100121_map.gif





公園の敷地ギリギリ位まで行けば翌日が楽になると考え、ネープルズ(Naples)宿泊。
総走行距離、646マイル(1040キロ)車(RV)
途中アンティークショップ2軒に立ち寄り、かかった時間は12時間の長旅でございました・・・。

明日はさらに3時間走って、公園最南端のフラミンゴビジターセンターを目指します。














posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

ベルギー・ナイト

英語教師で友人でもあるJudyから、月一回開催されるインターナショナルパーティーに誘われまして、
今回初参加。

今月はベルギー・ナイトだそうで、いきなりハードル高かった あせあせ(飛び散る汗)

0116_01.jpg



私が作ったのは、右上のスロークッカーに入っているヤツ。
『豚肉のカルボナード』です。
それ以外の料理は、正式名称を聞き忘れ・・・ どんっ(衝撃)

ムール貝、チーズフライに、豆の煮込みかな?
その他チャウダーの様なスープもあり、デザート系はリンゴのケーキでした。

ちなみにカルボナードとは、トマトベースのシチューの様な物ですが、黒ビールで煮るのが特徴。
肉は普通、牛を使うみたいです。

殆どのレシピが黒ビールとありましたが、Chimay(シメイ)というベルギービールを勧めているレシピがあり、使ってみました。
レシピには赤って書いてあったのに、間違って青を買ってしまいましたが、特に問題は無かった感じ。
皆さんの評価もまずまず・・・と言った所かな?

おさらいも含め、次回は赤でチャレンジしてみます。









posted by みさみさ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

初雪

昨日は天気予報通り、午後から雪 雪
小雪だったので翌朝まで残らないかな?と思っていたら、結構ちゃんと積もっていました。


0108_01.jpg

  寒いので室内から。

  ウッドデッキです。
  モーニングテーブルエリアより撮影。
  軒って、ちゃんと役に立つんだなと思った。






0108_02.jpg

 正面のもみじ。

 道路に面した側が少し高くなっているので
 雪景色が栄えて良い感じ。





それにしても寒い ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

日中も氷点下に近いし、アトランタじゃないみたいです。
雪だるまを作るにはちっと雪が足りないので、どうせならもう少し降らないかな。












posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

ピーチドロップへ

今回の年末年始は、アンダーグラウンドで開催される、ピーチドロップに参加(?)してきました。

ニューヨークのタイムズスクエア程の規模はありませんが、アトランタでこんなに人に囲まれたのは久しぶりだった。

少し早めに到着したので、まずは近所のオリンピック記念公園へ。



091231-01.jpg

  くもり空で上空はもやがかかり、イマイチの景色。

  スカっと晴れない分、気温が高かったのが幸い
  でした。

  湿度が高くて、写真もぶれたちゃったのが多いん
  ですが、何枚かまともなのを。
  

  






091231-02.jpg
  こちらは特設のスケートリンク。

  年末年始は一晩中やっているかな?
  と思っていたのですが、既に営業終了。

  もっと近くに行きたかったのですが、
  警官にこれ以上進入禁止と言われ、
  ちょっと遠くから。

  何の警戒なんでしょうね?






以下はそれぞれ、公園内の写真

091231-03.jpg  091231-04.jpg



オリンピック記念公園と言えば、噴水ショーが有名なんですが、丁度始まったので動画を撮ってみました。







2時間前位に、ピーチドロップ会場へ移動。

人ごみの中を散々移動して、1時間前位にやっと場所を確保。
もちろん動画も録画したのですが、ちょっと長すぎちゃってアップロードできず。
他の加工ツールを探してみますが、今回はビフォーアフターの写真のみで失礼。

091231-05.jpg  091231-06.jpg





寒い中じっと待った割には、ピーチも「する〜〜」っと降りてきちゃって、全体的にあっけない印象でした。

お約束のBGM花火を見つつ、電車で帰宅。
いつもは車がばんばん通っている道路が歩行者天国になっていたので、真ん中をどうどうと歩けたのは、ちょと嬉しかったかな。

今年も良い一年でありますように!










posted by みさみさ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。